FXで勝つには、為替市場の取引が行われる時間分析が必須です! | Quality Of Life

FXで勝つには、為替市場の取引が行われる時間分析が必須です!

スポンサーリンク

為替市場にも値動きのゆったりした時間帯と激しい時間がありますね。レートがやたら上下に動くなあと思いながら取引したことがある方もいらっしゃるでしょう。

ではどの時間帯の値動きが激しくなりますか?なぜ激しくなる時間がありますか?それらの答えを分析するならFXへの勝ち組に入る大きなステップとなるでしょう。

値動きが激しくなる時間帯があるのは、世界3大市場での取引時間と大いに関係があります。3大市場とはロンドン・ニューヨーク・東京です。

それら市場がオープンする時間帯は取引参加者が増え、活発に売買を行います。

需要と供給が増加するので値動きも大きくなり、FXトレーダーにとっては稼ぎやすい時間とも言えますね。

まず日本時間の午前8時~午前10時頃は、1日の中で最初に市場取引が活発になる時間帯です。

その時間は東京の為替市場がオープンする時間帯です。ヘッジファンドや投資銀行などメジャーな市場参加者が取引を行います。

急激な値動きにも対処できるよう、資金にある程度余裕を持って取引に参加してくださいね。

次に値動きが荒くなる時間帯は午後4時~午後6時頃です。それはロンドン市場での取引が開始される時間帯です。

とりわけロンドンは3大市場の中でも最大の市場です。


スポンサーリンク

この時間帯に、もともと値動きの荒い通貨ペアと言われるポンド/円通貨で取引を行うのは、ハイリスク・ハイリターンですね。

初心者にはオススメしません。ある程度経験の積んだ中級者以上の方にオススメします。

そして一番値動きが荒くなると言われているのが、午後9時~午前0時の時間帯です。

この時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場の時間が重なりあう時間だから、値動きが荒くなるんですね。ロスカット設定だけは怠っちゃだめですよ。

これらレートが激しく動く時間帯を攻略するひとつの方法は、その時間帯の前に買ったポジションの決済をなるべく早めに行い、出来る限りポジションをその時間帯に持ち越さないということです。

この時間帯で突如トレンドが変わることはしばしばあります。上向きトレンドに乗っていたポジションが急降下することはよくありますよ。

ですから、トレンドが変わる前にポジションを決済すること、それが無理なら厳格に逆指値注文を入れておくことですね。

これら為替市場の時間分析をきちんとして、FXでたくさん儲けて下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします