FXで大損をしないために心がける資産運用のルール | Quality Of Life

FXで大損をしないために心がける資産運用のルール

スポンサーリンク

何をするにしても、失敗することは当然あります。FX投資家も取引に失敗して、損をしてしまいます。

最悪の場合大損してFXから引退という投資家もたくさんいます。それでは、FXで大損をしない方法があるのでしょうか?

損を最小限に抑えながら来るべきチャンスに利益を得ることができるでしょうか?答えはもちろん、YESです。

有名な言葉に、「心は熱く頭はクールに」というものがあります。

どんな時も情熱を失わず、どんな状況にあっても頭は冷静に色々な状況を判断できる様にしておくということです。

FX取引においても、当てはまる言葉であることは間違いありません。

あなたがFXで100万円を300万円に増やした後に、もしも失敗して20万円にしてしまった時、原因を追求し、同じことが起こらないように行動することができる投資家であれば、問題はありません。


スポンサーリンク

しかし、残念なことに多くの場合、損が大きくなったFX投資家は損を取り戻そうと躍起になりレバレッジを高設定にして取引を行い、そのまま破滅するケースに陥ります。

こう言ったケースの場合、FX投資家は細かな損切りを行えず、損をしたことにより冷静な判断ができなくなっています。

パチンコやスロットなどのギャンブルと同じ心情になり、投資としてのFXの本義を忘れてしまうと確実に大損します。

もっと言えば、損をした原因を他人や景気の責任にしてしまうのです。

しかし、そう言った失敗を乗り越えて成功したFX投資家は、FX取引の際にルールを設けています。この場合のルールのポイントは二つあります。

一つ目は、自身の決めた金額額以上値段が下がったら損切りをするということ、二つ目は利益を得た後油断をしないということです。

損切りは早めに判断して行い、次の戦いに備える必要があることから、例えば3円下がったら売るなど最初から決めてしまうと損切りをやり易いという理由がああります。

また、利益をたくさん得た後調子に乗って取引を行い利益以上の損失を被ることを防ぐために、勝って兜の緒をしめる気持ちに切り替わることも、多くの投資家が考えていることです。

FX投資家として確実な成功の道を目指すために、大損を可能な限り避けて投資生活を送り続けるには、焦らずじっくり行動できる心の強さもまた必要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします