FX取引をする前に知っておこう、してはいけない3つの危ないこと | Quality Of Life

FX取引をする前に知っておこう、してはいけない3つの危ないこと

スポンサーリンク

FXトレーダー、デイトレーダーと聞くと何か華やかな感じがしますが、FXは時に危険と隣り合わせの取引となることがあります。

いかにローリスク・ハイリターンの取引が出来るようになるか、前もって知っておく必要がありますし、その危険というのは自分のちょっとした注意で避けることができるものでもあります。

避けるべき危ない取引とはどのようなものでしょうか。してはいけない危ない取引は3つあります。

まずは危ない業者を利用した取引、これを避けなければなりません。FX業者は数十社あります。その中には、危ない業者がないとは言い切れません。

実際、過去に何度も行政処分が下された業者もあります。

自分の大切な資金が突然消えることはまずないでしょうが、安心して取引できないと気分も優れませんね。

信頼性の高い業者を選んで取引することにしましょう。魅力的なキャンペーンというだけの理由でFX業者は選んではいけませんよ。


スポンサーリンク

危ない相場に近付かない、これも大切な要素です。例えばギリシャ問題で揺れているユーロ、レートも不安定な動きをしています。

悪いニュースが突然流れたり、ちょっとした要人発言に敏感な相場になっています。こうした相場はある意味危険です。

初心者にとってはあまりにもハイリスクな相場ですから、こうした危ない相場からは離れて比較的値動きの穏やかな通貨を選ぶのは、賢明な選択でしょう。

危ない取引をしない、これも重要ポイントです。危ない取引と言うのは、例えば資産すべてを注ぎ込んだ全力の取引があげられますね。

レートというのはどうしても値幅があります。この値幅がなければあまり利益を得られないのが実情です。

しかしそのレートがちょっと上下に触れただけで証拠金維持率が低下するような、資金ぎりぎりの取引は賢い取引とは言えません。

証拠金維持率を十分に保てるような、資金的にも気持ち的にも余裕のある取引が大切です。

また思いつき、勘を頼った取引も非常に危険です。値動きにただただ盲目に追随するトレードは絶対に避けなければなりません。

初心者なりにテクニカル・ファンダメンタル分析を十分に行った取引を心がけて下さいね。

してはいけない危ない取引は賭博的行動とも言えます。FXは投資です。それを勘違いせず、危ない取引を避けた賢明な投資活動をしましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします