ニキビに良くないこと | Quality Of Life

ニキビに良くないこと

スポンサーリンク
飲酒・喫煙がニキビに良くない理由

 

喫煙は活性酸素を発生させて、ビタミンCを欠乏させます。血流が悪くなり肌の代謝が遅れます。肌に古い角質が残りニキビの原因になります。

 

飲酒はある程度であれば血流が増えて代謝が上がりますが、大量の飲酒は血流が上がりすぎて活性酸素が発生します。

 

冷え性はニキビのシグナル

 

冷え性は、血流の状態がよくない状態なので血流を良くすることが重要です。

 

毛細血管、皮脂末端への血をめぐりやすくするように適度な運動やマッサージなどしましょう。

 

肌に栄養が行き渡らないと肌の老化によりニキビになりやすくなります。

 

ストレスによる肌の影響

 

急にニキビがひどくなった原因の一番がストレスです。環境の変化などによってニキビが多くなるはストレスが原因です。

 

ストレスと無縁の生活をすることは現実的に不可能なので、ストレス発散できる適度な運動がおすすめです。

 

ニキビ跡になってしまったら

色素沈着してシミになって残るものと、クレーターのようにデコボコになってしまうものがあります。

 

色素沈着は治る可能性はありますが、デコボコになったニキビは治りにくいと言われています。

 

デコボコになった状態を治すには、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体治療、美容外科手術、コラーゲンや繊維質を注射する方法があります。

 

軽度のニキビ跡ならば、ビタミンEが多く含んでいる食材を摂取しましょう。


スポンサーリンク

ニキビと肌の遺伝

たまに、不摂生な生活やスキンケアをしない状態でもニキビにならないひとがいます。 生まれつき肌が強いひとです。

 

そのひとが特別であって、通常のひとが 不摂生な生活でスキンケアをしない状態で過ごすと当然ニキビができやすくなります。

 

もちろん、どんなに肌が強いひとでも毎日不摂生な生活を続けていくと 将来ボロボロな肌になるので過信するのもよくないです。

 

ニキビ対策で一番大切なことは『自分のからだをよく知る』ことです。 『自分は自分』と考えて他のひとに影響されずに 自分にあった生活習慣やスキンケアをおこなうことです。

 

そのためには、毎日の試行錯誤が必要です。 食生活や就寝時間などを日記にすると どのようなときにニキビになりやすくなるのか分かります。

 

遺伝の影響があり、ニキビになりやすいひととなりにくいひとがいます。 ニキビができにくいひとより努力が必要ですが、努力を怠らなければかならず完治します。

 

肌質は日々変化します。 ノーマル肌のひとが不摂生でゴシゴシ洗顔するようになって、オイリー肌になりニキビが増えた事例もあります。

 

ニキビ対策は一日にして成らず

『ローマは一日にして成らず』ということわざがありますが ニキビ対策でも当てはまります。 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は約一ヶ月(28日)は です。

 

数日でニキビ対策完了という訳にはいきません。 例えば、ニキビ対策で洗顔剤を変えたとします。 数日経って効果がでなかったから辞めた。

 

これでは、当然効果がでません。なぜならば肌の生まれ変わりは 1ヶ月かかるのですから・・・

 

もともとニキビが一回できると同じ場所からニキビができやすく なるのはご存知でしょうか?肌がニキビに慣れてニキビができるほど 肌がニキビ体質になってしまいます。

 

ニキビが完全に無くなっても1〜2年ほどはしっかりとしたニキビ対策が 必要です。肌がニキビ体質を忘れるぐらいの年数が必要です。

 

ニキビにならないように肌を褒めよう

 

ネガティブなことよりポジティブなことだけ意識していきましょう。ニキビは必ず改善することができます。 綺麗になった自分を想像しましょう。

 

毎日ニキビが完治するイメージをすることによって、知らず知らずのうちにニキビが完治する生活習慣を送ることができます。

 

ポジティブワード「~なりつつある」「~なってきた」とイメージするのが効果的です。思考は現実化します。

 

ポジティブワード例

  • ・キメが細かくなってきた
  • ・皮脂バランスがよく肌に潤いがある
  • ・化粧のりがよくなってきた
  • ・弾力があり若々しくなってきた
  • ・毎日熟睡することができ気持よくおきることができてきた
  • ・毎日健やかに生活できるようになってきた

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします