ニキビ跡の処方(病院) | Quality Of Life

ニキビ跡の処方(病院)

スポンサーリンク
デコボコニキビでも治る治療

 

ニキビ跡のくぼみはコラーゲンが急速に減ることでおきます。 今の医療では技術の進歩でピーリング・レーザー治療法などで治ることが多いです。

 

レーザー治療でなぜデコボコが治るのか?
 
クールタッチ治療
 
 
皮膚の表面を保護しながら真皮に軽いやけどを起こさせて熱を与え真皮を活性化させてコラーゲンの再生を促します。
 
 
コラーゲンが増殖されて皮膚が盛り上がりくぼみが目立たなくなります。クールタッチの照射は一月に一回の割合でおこない4~6回が1クールです。
 
 
麻酔シールをはり麻酔が効くまで約1時間ほどまちます。表面を冷却ガスで保護しながらレーザー照射します。最後に軟膏をつけて終了です。直後から化粧することは可能です。
 
 
クリアタッチ治療
 
再発ニキビには、光と熱の相乗効果でニキビ跡の赤みを治療するクリアタッチが有効です。青色の光がニキビ菌を殺菌し、皮脂細胞を萎縮させてニキビを改善し再発抑制します。
 
 
赤色の光がニキビの赤みを抑えます。温熱効果でニキビ菌を殺菌しニキビのできにくい肌をつくります。皮脂の分泌もおさえます。
 
週に1~2回の照射を8回 約2ヶ月が1クール。照射時間が15~30分ほどで最後に冷却して終了です。 
 
  
ヒアルロン治療
 

コラーゲンやヒアルロン酸でデコボコをふくらませてめだたなくする方法です。時間もかからなくすぐに効果が現れますが、ヒアルロン酸がなくなると再度治療が必要になります。 


スポンサーリンク

背中にニキビ対策

背中ニキビの原因

背中ニキビの大半は洗剤の洗い残しや汗による細菌の繁殖が原因です。 背中はとても洗いにくい場所なのでタオルなどを使いしっかり落とすことが重要です。

 

洗う順序も頭を最初に洗いその後に体を洗います。 しっかりと頭のシャンプーやリンスを落とさないと 背中に落ちてくるので気をつけてください。

 

細菌を繁殖させないように毎日新しい下着を交換しましょう。 背中を洗う際は、皮膚を傷つけないようにやさしく洗うことが大切です。

 

もちろん背中ニキビも顔のニキビと変わらないので生活リズムが狂うと 背中ニキビができやすくなるので注意が必要です。

 

ニキビと運動

 

激しい運動はニキビ良くない

激しい運動は、男性ホルモンが活発になります。男性ホルモンが分泌されると皮脂分泌が過剰になり毛穴詰まりを起こしニキビの原因となります。

 

無酸素運動よりも有酸素運動が良いです。おすすめは、ヨガ、ストレッチ、ウォーキング、ジョギングです。

 

軽い有酸素運動はストレス発散になるので時間を見つけてチャレンジしてみましょう。

 

ニキビにならないように清潔にしましょう

 

運動で汗をかいた後は、雑菌が繁殖しやすいです。雑菌が繁殖したまま放置しておくとニキビになりやすいです。

 

運動後はシャワーを浴びたり、汗拭きパウダーシートを使って肌を清潔に保ちましょう。

 

また、利用するタオルなどは再利用せずに常に新しいものを使い雑菌が繁殖しないように注意することが大切です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします