ニキビに効果がある食生活について | Quality Of Life

ニキビに効果がある食生活について

スポンサーリンク
ニキビに効果がある食べ物
  • 1位 豆乳・納豆(豆類)
  • 2位 りんご
  • 3位 にんにく、ねぎ類
  • 4位 水

納豆と豆乳は大豆イソフラボンが入っています。 大豆イソフラボンとは女性ホルモンと同じ働きをもっています。

 

納豆や豆乳を食べることによって、 女性ホルモンを優位にして 男性ホルモンを抑えてニキビになりにくくなります。

 

男性ホルモンが強いと皮脂分泌が過剰になりニキビの原因となります。

 

その他のニキビに効果がある食材
 
ビタミンA

レバー、人参、かぼちゃ、うなぎなどに含まれ免疫力を高めます。

ビタミンB郡

納豆、アーモンド、カマンベールチーズ、卵などに含まれ脂質代謝を促してくれます。

ビタミンC

赤・黄ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草などに含まれ活性酸素を除外してくれます。

ビタミンE

すじこ、たらこ、モロヘイヤなどに含まれ強い抗酸化作用があります。

亜鉛

牡蠣、小麦胚芽、煮干しなどに含まれ皮膚の再生を促してくれます。

 

食事するときに気をつけること

 

どのような食材を食べるか?もニキビ対策に重要ですが、 『食べ方』、『食べる量』、『食べる時間』も重要です。 噛まずに食べると胃に負担をかけて吸収がうまく進みません。

 

栄養の吸収が悪いと、肌に良い栄養が行きわたりません。 食べ物の量も腹八分に押さえておくこと。

 

食事する時間を決めておく。 夜はなるべく早く食べるように心がけて胃の負担の軽減と 栄養の吸収力を高めましょう。


スポンサーリンク

ニキビなりやすい食べ物

 

お酒・チョコレート・辛いもの・タバコを吸うのは、ニキビ対策に厳禁です。 特にお酒とタバコは活性酸素を生みだしてしまいます。

 

活性酸素は肌を錆びさせてしまい肌の柔軟性が失われて毛穴が詰まったり肌が弱くなりニキビになりやすくなります。当然、アブラっぽいもの・甘すぎるものもNGです。

 

悪い食材
  • ・ケーキ・チョコレート類
  • ・辛い食べ物
  • ・お酒類

ケーキ・チョコレート類は、消化されると油分に変化し、皮脂の過剰分泌につながります。糖分も油分に変化します。

 

辛い食べ物は胃や内臓に負担をかけて内蔵に負担がかかります。

 

ニキビの炎症を悪化させる場合があります。お酒は皮脂分泌を促すビタミンB郡を大量に消費します。内蔵の負担が大きいので代謝が悪くなります。

 

たばこを吸うと25~200mgのビタミンCが失われる

 

たばこを吸うとビタミンCが失われてニキビの原因となります。 また、活性化酸素で肌を老化状態になります。

 

老化した肌は皮脂詰まり非常にニキビになりやすい状態です。

 

ビタミンCの摂取量基準

 

ビタミンCは頻繁に体外へ排出されるので こまめに摂取することをおすすめします。一日あたり1,000mg以上摂るとよいとされています。

 

一回あたり100mgが吸収率がよく、一度に多く摂取した場合20%以下という結果になります。

 

男性の場合

推定平均必要量:85mg/推奨量:100mg

 

女性の場合

一般の方は推定平均必要量:85mg/推奨量:100mg、妊婦の方は推定平均必要量:95mg/推奨量:110mg

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします