ニキビにならない洗顔方法 | Quality Of Life

ニキビにならない洗顔方法

スポンサーリンク
ニキビにならない正しい洗顔法

 

ニキビにならないようにするためには、正しい洗顔法を学びましょう。 間違った洗顔法では、いくら続けていても肌を傷つけてニキビのできやすい 肌にしてしまいます。

 

これから紹介する洗顔法は、ニキビだけでなく美肌にも効果が あるのでニキビ肌ではないひとにもおすすめしたいです。

 

洗顔前のポイント
 

 洗顔する前のポイントですが、直接顔に洗顔剤をつけるのではなく しっかりとあわ立ててから洗顔をすることです。

 

洗顔剤を直接肌に塗りつけてしまうと肌に刺激が強いことと、 顔につけた洗顔剤がおちにくいです。洗顔剤の洗い残しは毛穴に 蓋をしてニキビの原因となるので注意しておきましょう。

 

洗顔剤を泡立てるのは、時間がかかるので泡立てネットがあると すぐにキメ細かい泡を作ることができます。

 

空気を十分に 含んだ弾力性がある泡を作りましょう。 そのほうが肌にやさしく余分な油分や汚れをきれいに落としてくれます。

 

洗顔前のワンポイント
 

洗顔前に蒸しタオルで肌をやわらかくしておくと 汚れや余分な皮脂が落としやすいです。

 

洗顔の正しい順序
  

闇雲に洗うのではなく、 洗顔する順序を決めることはとても大切です。 正しい順序を身につければ洗い残しも防げるので覚えておきましょう。

 

洗い残しはニキビの原因です。皮脂や汚れが溜まりやすく、ニキビになりやすいTゾーンから洗顔をはじめて、 顎のUゾーンを洗顔していきます。

 

肌と手が直接触れないように、泡でクルクルと円を描くように泡をころがしながら洗います。 やさしくクルクル洗えば、リンパを刺激して血行が良くなり肌がイキイキします。

 

洗顔のワンポイント
 

洗顔した泡が髪に付着する場合があります。 そのままにしておくとおでこに洗顔剤のカスがついてニキビの原因となります。 最後に水で髪を洗いましょう。

 

洗顔後のケア

 

洗顔をしたら、終わりではありません。そのまま放置しておくと 肌を乾燥させたり、細菌の侵入を招きます。 洗顔後の肌はとても無防備な状態なので、肌を保護することが重要です。

 

また、洗顔後は肌に栄養が入りやすい状態でもあるので、洗顔後すぐに 化粧水、美容液、乳液、クリームなどで栄養補給と肌の保護をして ニキビにならない肌にしていきましょう。

 

洗顔後はたっぷり化粧水で保湿します。 洗顔後の肌はとてもデリケートで細菌など侵入しやすい状態となっています。

 

コットンを使って軽く叩きながら、化粧水を肌に染み込ませていきます。

 

すべて化粧水を付け終わったら仕上げに、手で数秒間かるく押さえつけて更に化粧水と 肌がなじむようにします。

 

乳液を利用する場合は薄く伸ばして余分な乳液はやさしく拭き取りましょう


スポンサーリンク

スキンケアの役割

 

化粧水は、肌に水分補給。 美容液は毛穴を引き締め、柔軟性のある毛穴にする。 乳液・クリームは水分が逃げないように肌に壁を作る。

 

ニキビ対策には、肌の栄養補給と毛穴の柔軟性が大切になります。 美容液を使っていない方も多いですが、ニキビに悩んでいるのであれば 使用をおすすめします。

 

油顔の方は、乳液・クリームの量を少量にして使いましょう。 乾燥する冬には特に乳液・クリームによる保湿は重要です。

 

肌ケアの順序
  • 1.化粧水
  • 2.美容液
  • 3.乳液
  • 4.クリーム

基本的に上記の順番が基本ですが、稀にメーカーによって順番が異なることもあります。 ニキビ治療のために軟膏をもらった場合は、美容液の後に塗るのが良いです。

 
 
お金の余裕があれば、ビタミンC誘導体もおすすめします。 ニキビ対策はもちろん、ニキビ跡にもとても効果があります。
 
 
水洗顔

 

水による洗顔のみを行う。 温水・冷水をわけて交互に顔にかけるだけ。 けっして肌をこすらないでパシャパシャかけながら、肌に水分をつける感じで洗います。

 

クレンジングは拭いて落とさない “拭き取る際に摩擦が加わり肌を傷めます。拭き取りタイプではなく洗い流すタイプが良いです。

 

さくらんぼ大くらいの量のクレンジング剤をだします。 額、まぶた、頬、鼻筋、鼻の脇、鼻の下、唇の下、フェイスライン、唇の順に 塗り残しのないようにやさしく塗ります。

 

ぬるま湯で顔をぶつけるようにして洗い流す。 朝洗顔は水だけでOK 夜中にナチュナルモイスチャーファクター(NMF)皮脂膜が生成されます。

 

体内の皮脂と水分が混ざって作られる膜で天然の保護クリーム 肌にすみついている常在菌が肌を守ってくれる

 

洗顔方法

 

手をしっかりと洗う。力を入れて洗うのは厳禁 泡立てネットをつかって、たっぷりの弾力の泡を作る(コツはぬるま湯を使うこと)

 

洗顔剤をしっかりと泡立てて円を描くように洗顔していきます。 泡の弾力を利用して肌と顔の皮膚が触れないようにやさしく洗います。

 

洗う時間は1~2分程度、長時間の洗顔は必要な皮脂まで落としてしまうので注意が必要です。

 

円は、細い円で隅々まで洗い残しがないようにしましょう。洗い流すときは、洗い流す部分を意識しながら水を当てて落としていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします