ニキビにならない食事 | Quality Of Life

ニキビにならない食事

スポンサーリンク
ニキビにならない食事方法

 

ニキビにならない健康なお肌にするために良い方法は、あなたの血糖値が安定し続ける方法で食べることです。 一部の食品は、血糖値が急速に上昇させてしまいます。

 

甘いものなどを食べると、こ糖の吸収を助けるためにホルモンのインスリンを上昇させます。 血糖値が急激に増減することにより肌のバランスが崩れてニキビになりやすくなります。

 

血糖値を安定させるためにまず野菜から食べるようにしましょう。はじめに野菜を食べることにより血糖値をゆるやかにすることができます。

 

ニキビに悪影響なもの

 

甘いもの、辛いもの、塩辛いものは良くないです。食事の量も食べ過ぎずに腹八分目に抑えることです。

 

胃に負担をかけてしまうと、肌に十分な栄養を渡すことができなかったり肌再生のバランスが崩れて皮脂が過剰分泌を起こし ニキビの原因になります。

 

ニキビに効果的なおすすめ食材

 

一番のおすすめは、豆乳・納豆です。ホルモンバランスを整える効果があります。

 

ホルモンバランスが整えられると からだの機能が正常に働き過度の皮脂分泌などを抑える効果や肌免疫をたかめることができます。


スポンサーリンク

その次にりんごです。できればまるごと皮の部分まで食べることをおすすめします。

 

りんごの皮の部分にとてもニキビに良い栄養が あるので毎日1個りんごを丸かじりするだけで効果があります。

 

肌の保湿性がよくなり、肌がみずみずしくなりニキビだけではなく アンチエイジングとしてもおすすめしています。

 

そのほかとしては、お水です。毎日最低2リットルは飲みましょう。肌に潤いがないと 毛穴が硬くなり皮脂をうまく排出できずに詰まりニキビになります。

 

一気に飲むのではなくこまめに飲むことにより肌に潤いをまして 毛穴が柔らかくなり皮脂がうまく排出させます。

 

妊娠中のニキビ

妊娠中のニキビに一般的で、ニキビになりやすいことが多いです。 妊娠しているときのニキビの主な原因は、増加したホルモンレベルです。

 

より高いホルモンレベルが皮脂分泌を増加させます。月経周期によりニキビについて注意しなければなりません。 妊娠中にニキビを治すことはとてもむずかしいことです。

 

妊娠中は赤ちゃんに影響するものは避ける必要があるからです。 妊娠中のニキビ対策として、妊娠中のときは、赤ちゃんに影響を与えない自然化粧品が良いです。

 

ホルモンバランスが正常に戻ればニキビは収まります。できるだけ自然に治癒させることが重要です。

 

肌に直接働きかけるスキンケア(化粧水・乳液)などを利用して完治させることをおすすめしております。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします