鼻のニキビの治し方 | Quality Of Life

鼻のニキビの治し方

スポンサーリンク

鼻ニキビは「両思い」になれるとジンクスはありますが、現実は見た目が気になりそれどころではありませんよね。

 

鼻は顔の中で一番ニキビになりやすい部分で、一番皮脂の量が多く皮脂が大好物なアクネ菌も多いです。

 

ニキビが悪化するスピードも早いので早めに対処しなければすぐに化膿ニキビになり、顔の中心なので目立ってしまいます。鼻ニキビは大きなニキビに育ちやすく痛いです。

 

鼻ニキビの原因

 

どんなときに鼻ニキビになりやすいかというと、 内臓の調子が悪かったり、ストレスや夜更かしをすると鼻ニキビができやすいです。

 

鼻ニキビにならないための注意点として、鼻のブツブツ、ザラザラしたところ(角栓)が気になり手で触ったり 無理やり押し出したり粘着性の高い毛穴パックなどで角栓をとらないことです。

 

ついむにゅっと押し出して出てくるのが気持ちよく肌が綺麗になった感じがしてしまうので癖になってやってしまう人がいますが直ちにやめてください。

 

角栓は皮脂が固まったものです。皮脂は本来肌を守る役割を果たしています。 無理やり角栓をとってしまうと毛穴が広がったまま元に戻らずにいちご鼻になってしまう可能性があります。

 

更にそれだけではなく広がったままの毛穴からアクネ菌が侵入して鼻ニキビにしてしまいます。


スポンサーリンク

鼻ニキビの対策

 

鼻の毛穴を目立たなくするための方法は正しいクレンジングと角栓をとりださないことです。 一度毛穴がひろがってしまうと自宅で治すのは難しいです。

 

もし万が一角栓をとってしまったときには 冷水で毛穴を引き締め、化粧水・保湿クリームで肌を保護しましょう。

 

鼻は皮脂がたまりやすいので洗顔するときには鼻の溝を意識して円を描くように洗顔します。 手に直接鼻が触れないように洗顔剤をよく泡立てて弾力のある泡で洗います。

 

ファンデーションもとれにくい部分なのでしっかり時間をかけて落としましょう。

 

鼻は顔の中心なのでニキビができると目立ちやすいですが ファンデーションは薄く肌にやさしいミネラルタイプのものを利用するの良いです。

 

鼻ニキビ赤みや化膿ニキビの状態は凸凹ニキビになりやすいのでいつもよりも 化粧水の量を多く肌になじませて皮脂の通り道を作ってあげることが1日でも早く治す鼻ニキビの治し方です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします