ハゲやすさ、薄毛は遺伝するのか? | Quality Of Life

ハゲやすさ、薄毛は遺伝するのか?

スポンサーリンク
「ハゲ」「薄毛」そのものが遺伝するわけではない

髪の量、ようするに「薄毛ハゲは遺伝するか」これは世の男性にとってかなりの関心事だと思われますが、髪の毛は「遺伝」します。その証拠に髪の色を見てみましょう。

日本人はほとんどの人が黒色か濃い茶色です。しかし、欧米人は、ブロンド、ブルネット、レッドなど多彩です。これは、明らかに髪の色の遺伝子が違うからにほかなりません。

髪の質にも着目してみてください。髪の形を見てみると、黒人はちぢれ毛が多く、白人には波状の毛が多く見られます。そして日本人(モンゴロイド)はの直毛系。

これもやはり、髪質の遺伝子がちがうからだと考えられます。

しかしながら、「薄毛」「ハゲ」は遺伝とは言えません。髪の多い少ないに遺伝子は関係ないからです。

世間では「ハゲ、薄毛は遺伝する」と言われていますが、実際のところはどうなのでしょう。

「薄毛は遺伝する」と信じている人は多いのですが、実はほとんどの人がそうなりやすい“体質”を受けつぐのであって、必ず薄毛になるというわけではないといわれます

父や兄、また、ドイツの研究グループによって発表されていますが、母がたの祖父が薄毛で或る場合、薄毛になりやすい「体質」であると考えられます。

これは頭皮の皮脂が多く分泌されやすい、毛穴が皮脂によって詰まりやすい体質を持っているためだといわれます。

薄くなった人の報告をみると近親者に薄毛の人がいるというケースが多いのですが、一族皆がそうであるとはいえません。

スポンサーリンク

普段からの頭皮ケアが「ハゲ」「薄毛」への対策は有効

しかし、男性型脱毛の「体質」は、遺伝しやすいことがわかっています。髪の「成長力」は遺伝すると考えた方がよいでしょう。

つまりは家系に薄毛の人がいる場合、男性の場合は「頭皮の皮脂の分泌が多くなりがち」であると考えた方がよいでしょう。

しかし、この薄毛に対する考え方は、「肥満」と同じように考えてもらえばよいと思います。

肥満しやすい性質に生まれても、カロリー摂取や肥満になりにくい(運動をする、夜間の間食をしないなど)環境を作れば、肥満にならずに済むものです。

それと同様に、毛髪の環境をケア、特に頭皮を清潔にしていけば薄毛にはなりにくいのです。

まだそれほど「薄毛」が気になるような段階でないのなら、皮膚を傷めずに余分な皮脂を洗い流すスカルプケアシャンプーを使用するだけで十分なハゲ予防効果があります。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします