毛母細胞の分裂を促す「不飽和脂肪酸」シャンプー | Quality Of Life

毛母細胞の分裂を促す「不飽和脂肪酸」シャンプー

スポンサーリンク
「不飽和脂肪酸」の特徴

最近、一部の育毛シャンプー、育毛剤で含有成分としてさかんにアピールされているのが「不飽和脂肪酸」です。

これがないからこれまでの育毛剤は効果がないのだなんてアピールをする業者も出てきているほど、注目されてきている、「不飽和脂肪酸」とは何なのでしょうか。

まず脂質は人間の身体の維持に必要な大切な3大栄養素の一つですが、不飽和脂肪酸は腸内の善玉菌を増やす良い脂質と言われます。

働きとしては身体の組織の隅々まで栄養を運ぶ役割をしています。またコレステロールを下げます

この不飽和脂肪酸は体内で生成することはできず、外部から取り込む必要があります。

この不飽和脂肪酸が不足すると発育不良、皮膚炎、動脈硬化、集中力の低下などを起こします

ただし、摂り過ぎは逆に害になります。理由は考えて見ればわかると思いますが、3大栄養素と言われる「糖質」「脂質」「タンパク質」も過度に摂り過ぎれば、

身体がそれを分解しきれずに不要物として身体、特に腸や血管内部に溜まっていき、様々な病気の原因になります。

不飽和脂肪酸は「脂質」ですから、摂り過ぎれば害になるのです。

スポンサーリンク

摂取が容易でない「不飽和脂肪酸」

しかし、不飽和脂肪酸は「摂り過ぎる」ということは非常にまれな栄養素です。

というのは「不飽和脂肪酸」はいわしやさばなどの魚やオリーブオイルなどに多く含まれているのですが特にいわしやさばなどの青魚は摂りにくく、傷みやすいからです。

この傷みやすさも「不飽和脂肪酸」が影響しています。不飽和脂肪酸は酸化しやすいのでこれを含む食品は色が変わりやすかったり劣化しやすいのです。

ちなみに逆の「飽和脂肪酸」は血液中の脂肪分を増やして、血液をドロドロにしてしまいます。

この「飽和脂肪酸」は肉や食用油などに多く含まれており、簡単に摂取しやすいものです。

腸内の悪玉菌を増やしやすく、簡単に過剰摂取できるため、中性脂肪やコレステロールの大きな原因の一つとなっています。

「不飽和脂肪酸」を含むシャンプー、育毛剤の高い効能

ところで「薄毛」「ハゲ」になってしまう原因の大きな原因の一つとして「血行の悪さ」が影響しています。

特に生活習慣病にかかるよな中高年は決定的に「不飽和脂肪酸」が足りていません。

病院に行けば「もっと青魚を食べないと善玉菌が増えないし、コレステロールが下がりませんよ」と言われているはずです。

この「不飽和脂肪酸」は育毛にも重要な要素があると言われるのはその「細胞分裂促進」「成長作用」が注目されているためです。

不飽和脂肪酸を直接毛根に補給して、頭皮の毛細血管の血流を活性化し、髪の細胞分裂を促そうということです。

「不飽和脂肪酸」の効能を考えれば「不飽和脂肪酸」をシャンプーや育毛剤で摂れれば合理的です。

この不飽和脂肪酸は「ウーマシャンプー」や「アルガンK2シャンプー」に多く配合されており、髪の成長成分を豊富に含むとして人気となっています。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします