発毛因子FGFを安定させる特許成分を配合した育毛剤 | Quality Of Life

発毛因子FGFを安定させる特許成分を配合した育毛剤

スポンサーリンク
発毛には毛母細胞をたたき起こすことが必要

さあ、育毛スカルプシャンプーを使って確かに抜け毛が減ってきた。地肌の突っ張りもないし…でも少しずつ薄くなっていく…?

ということを経験している人も多いことでしょう。たしかに育毛シャンプーを使えば頭皮環境が安定化し、毛周期を改善、抜け毛は減っていきます。

しかし、頭皮の環境は良くなったけども、食生活が乱れていたり、タバコが多いなどの影響で、

頭皮の毛細血管の血行が悪かったりしている場合、髪を作る毛母細胞はなかなか活性化してくれません。

その場合毛母細胞をたたき起こし、必要な栄養素を補給し発毛を促す育毛剤があります。

発毛のカギは発毛因子FGF

人間の体内にはFGFという分子があります。これは身体の成長を促す因子です。

現在研究され、確認されているFGFファミリーは23種類で、そのうちの1つであるFGF-7は別名KGFとよばれています。

KGFは日本では角化細胞増殖因子、角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子と訳されています。

KGF受容体は、舌、口腔粘膜、食道、胃、腸、唾液腺、肺、肝臓、膵臓、腎臓、膀胱、乳腺、皮膚 (毛嚢と脂腺)、

眼球水晶体といった多くの組織の上皮細胞に存在していることがわかっており、この受容体型チロシンキナーゼと結合して細胞内にシグナルを 伝えます。

発毛に関しては、FGF-7が毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖、分裂を促すことで毛髪成長を させていくと解釈されています


スポンサーリンク

つまりはこのFGF-7が毛母細胞に作用することが発毛の条件となるのです。しかし発毛命令を運ぶFGFは非常に不安定で、寿命がわずか4、5時間ほどしかありません。

さらにストレスや環境の状態によってはさらに短いこともあります。そして場合によっては、発毛命令を毛乳頭にうまく伝達できないこともあるのです。

男性型脱毛症に発する薄毛の悩みの多くは、頭皮環境よりもむしろ発毛命令が毛乳頭に届いていないことに起因しています。

発毛因子FGFを安定させる特許成分を配合した発毛剤

FGFを安定させる成分として発見されたのが「バイオポリリン酸(長鎖分割ポリリン酸)」です。

長鎖ポリリン酸はFGFの安定性を飛躍的に向上させることが発見され、特許成分として登録されました。

このバイオポリリン酸(長鎖分割ポリリン酸)を配合した「世界で唯一の」発毛剤が「薬用ポリピュア」です。

薬用ポリピュアは体内にある成分を使っており、安全性が高く副作用のリスクが少ない商品です。

45日もの長い返金保証もついていますので、発毛指令を発する「特許成分」を配合した育毛剤を試してみてはいかがでしょうが。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします