脱毛症の大部分を占める「男性型脱毛症」を抑えるには | Quality Of Life

脱毛症の大部分を占める「男性型脱毛症」を抑えるには

スポンサーリンク
「男性型脱毛症」の恐るべき症状

ハゲ、薄毛はほとんどが「男性型脱毛症」によって起こると言われます。実に全ての脱毛の中では「男性型脱毛症」が95%にも上ると言われます。

男性においては50代に入ると、この「男性型脱毛症」の影響を少なからず受けている人は全ての男性の50%にも及ぶと言われ、深刻さが浮き彫りになっています。

この男性型脱毛症は、女性ホルモンの分泌が少なくなる年配の女性にも、少なからず見られます。

この男性型脱毛症は、毛髪、毛根が痩せていき、最後には色のない産毛になってしまいます。

この男性型脱毛症はヘアサイクル(毛周期)に影響を与え、毛髪の成長期が短くなり、休止期が長くなるため、ドンドン髪は少なくなって行きます。

男性型脱毛症はその名の通り、男性に多い症状です。ちなみに男性ホルモンは睾丸(こうがん)で作られます。女性の場合は女性の体内でいくらかつくられます。

スポンサーリンク

男性ホルモンの働きとは

男性ホルモン(アンドロゲン)はテストステロンと呼ばれ、前述したように男性の性腺(睾丸)によって合成され分泌されます。

分泌されたテストステロンは体内を循環して全身に拡がり作用します。男性ホルモンには男性化、および成長促進の両方の作用があります。

男性性器の発達、筋肉と骨の成長、皮脂分泌の増加、精子産出、性欲の増進、ヒゲ・胸毛などの体毛の成長、など男性の身体を作る作用をもたらします。

男性ホルモンであるテストステロンは体内の細胞内で5αリダクターゼ酵素の働きによりジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型の男性ホルモンへ転換されます。

これは毛根部分でも効率よく行われます。活性型男性ホルモンはさらに毛根の細胞内で男性ホルモン受容体というものに反応すると髪の発育に悪影響を及ぼし、男性型脱毛症の直接の原因になります。

男性型脱毛症が起こればその影響を大きく受けにくい後頭部、側頭部分を除いてはどんどん進行していく恐れがあります。

活性型男性ホルモンを抑えてヘアサイクルを整える育毛剤とは

男性型脱毛症を防ぐ最も合理的な方法は、頭皮の活性型男性ホルモンの分泌を抑えることです。特に育毛剤では5αリダクターゼ酵素に対する抑制効果のある育毛剤が注目されています。

もしあなたが脱毛が進行してきたというのであれば、皮脂を洗い流すスカルプシャンプーだけでは全くの力不足です。

男性ホルモンは皮脂を分泌する役目ももっているからです。かなり進行していると感じるなら活性型男性ホルモン(DHT)への転換を抑える育毛剤を使用しましょう。

頭皮の皮脂の分泌も抑えられ頭皮環境がシャンプーだけを使うよりはより回復し、ヘアサイクル(毛周期)も徐々に改善していくでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします