毛髪の生成に必要な環境と生活リズム | Quality Of Life

毛髪の生成に必要な環境と生活リズム

スポンサーリンク
「発毛指令」があっても発毛の材料がなければ発毛しない

発毛には毛乳頭の毛母細胞の細胞分裂を活発にする必要があります。しかし、薄毛になる、ハゲやすい人はこの毛乳頭は眠っている状態となっていることが多いのです。

それは普段の生活パターンに起因します。まずそれを説明する前に、この毛乳頭に毛母細胞の細胞分裂、つまり毛髪の生成を命令する因子があります。

人間の体内の成長因子FGFが毛母細胞に到達し、成長の指令を出すことで、毛髪が成長する状態を作り出すことができるのです。

しかしFGFは寿命が短く、毛母細胞に到達しにくいという特質があります。これが毛髪の成長をさらに困難にしている要因です。

このFGFを安定化させ、毛乳頭に発毛指令FGFを到達させやすくするバイオポリリン酸(長鎖分割ポリリン酸)を配合した発毛剤、

「薬用ポリビュア」が発売され、人気を博しているということは別ページでお伝えしたとおりです。

ただし、もともと毛乳頭が眠っている状態になっているというのは、毛乳頭に十分な栄養素が行き渡っていない可能性が大きいのです。

普段、不規則な生活をしていたり、タバコが習慣化して体内の血行が悪くなっていたりしていないでしょうか。

折角FGFが毛母細胞まで到達し、細胞分裂の指令をしっかり送り届けたとしても、毛髪の成分となる十分な栄養素と、その栄養を運ぶための毛細血管に流れる血流がスムーズでなくては、発毛指令のの効果は半減してしまいます

その細胞分裂、新陳代謝の元になる「毛髪を作り出す材料」が不足している状態だからです。

スポンサーリンク

毛髪に必要な栄養を摂るとともに、生活習慣を整えて代謝を活発に。

人間には生体リズムというものがあり、体内の新陳代謝は夜間に行われます。

つまり、人間は夜間就寝中に代謝酵素が活発になり、身体を成長させる細胞分裂が行われます。この代謝活動が最も活発になるのが午前2時ごろと言われています。

その間は就寝、昼間は積極的に栄養補給し、消化分解を行うようにしなければならないのです。

「仕事が忙しくて寝られない」というあなた、昼間タバコをふかして休憩している時間は長くないですか?

朝が遅く、仕事の能率が上がらないということはないですか?

人間の身体は夜間に代謝活動を行い、その過程で出た不要物が腸に集められ、朝〜午前中にかけて排泄されるというリズムを持ちます。

夜間起き、昼間寝ているなどということが長く続いた場合、身体の代謝能力が低下し、排泄力も低下しますので、病気になりやすくなります。

完全に逆転した生活を長く続けるということは人間の自然の代謝機能に逆らうことなので、非常にリスクが高いことなのです。

毛母細胞の成長分裂、毛髪の成長は当然夜間に活発に行われます。

昼間に毛髪を作るための栄養素をしっかり摂り、夜は代謝活動が活発に行われる時間帯は必ず就寝しているような生活の流れを作ることが毛髪を再生するために非常に大切なことなのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします