毛髪の生成に細胞分裂を活性化させる成分を補給する育毛サプリ | Quality Of Life

毛髪の生成に細胞分裂を活性化させる成分を補給する育毛サプリ

スポンサーリンク
男性ホルモン生成の不安定さが脱毛を促進させる

脱毛症は男性ホルモンの影響を少なからず受けているということは別ページでも記載した通りです。男性ホルモンには男性化、および成長促進の両方の作用があります。

男性性器の発達、筋肉と骨の成長、皮脂分泌の増加、精子産出、性欲の増進、ヒゲ・胸毛などの体毛の成長、など男性の身体を作る作用をもたらします。

男性ホルモンは「成長促進」作用があるのであれば、毛髪を成長させる働きもありそうなものですがなぜ毛髪については逆の作用をもたらしてしまうのか、

その要因については良く分かっていませんが、どうやら生活環境の悪化やストレスでむしろ男性ホルモンが不安定化しているのが大きく起因しているようです。

男性ホルモンであるテストステロンは体内の細胞内で5αリダクターゼ酵素の働きにより髪の発育に悪影響を及ぼす物質に転換し、男性型脱毛症の直接の原因になることがわかっています。

男性ホルモンの生成が不安定になれば、かえって55αリダクターゼ酵素を多く分泌し少ない男性ホルモンでやりくりしようとするようです。

大量の5αリダクターゼ酵素で変質した男性ホルモンはかえって髪の成長に悪影響を及ぼすのです。

スポンサーリンク

毛母細胞分裂を活性化させる育毛成分

それならば、女性ホルモンは全く反対の働きをするのではないか。ということで、最近女性ホルモン様因子を持つ成分を配合した育毛サプリメントがリリースされています。

この女性ホルモンが直接毛髪を発毛させる要因となりえるのかという研究はさほど研究が進んではないようです。

しかし、女性ホルモンの働きを踏まえると髪の生育に直接関係がないとは言い切れません。

たとえば若い女性でもダイエットなどをして長い間月経がないと髪の毛が抜けて薄くなりますし、年を経て閉経前後になると抜け毛が多くなります。

このような女性は女性ホルモンの分泌がないために髪の毛が抜けやすいのです。そういう時には女性ホルモン剤で治療することも有効といわれます。

女性ホルモンは顔など肌のコラーゲン量を一定に保つほか、頭皮のコラーゲン量を増やすため、

髪の毛に張りを与えてしっかりと支え、髪の毛が抜けないようにし、頭皮環境にも良い影響を与えています。

このような理由から大豆イソフラボン、コラーゲンペプチドなど女性様ホルモンに影響を与える成分を含む育毛サプリメントが多くなってはいますが、より注目されている理由としてはこれらが身体の細胞分裂を活性化させる成分でもあるということです。

5αリダクターゼの働きを抑制させたり髪を直接作り出す栄養素として欠かせないミネラルである亜鉛やノコギリヤシなどの成分も入った育毛サプリメントは特に発毛型の育毛剤と組み合わせると効果を発揮します。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします