頭皮の弱い人は弱酸性のアミノ酸シャンプーをつかうこと | Quality Of Life

頭皮の弱い人は弱酸性のアミノ酸シャンプーをつかうこと

スポンサーリンク

抜け毛やフケがひどいと感じるのであれば、まずシャンプーが合っていません。私自身シャンプーには随分悩まされてきました。

数年前まではそれほどシャンプーに気を使うことはなく、CMでよく見るものや、スーパーで推しているものを適当に選んで購入していました。

しかし、大手のシャンプーはあまり合うものがありませんでした。

特に女性用の「プロテインでコーティング」するだとか、指通りがサラサラとかCMで強調されていたようなシャンプーは、

大体、洗った翌日に頭皮が突っ張り、フケがぼろぼろと出るようなものまでありました。

特に仕事で帰宅が遅くて半乾きのまま就寝すると、翌朝は頭皮がつっぱり頭痛や肩凝りに悩まされるということもありました。

大抵詰め替えがあっても詰め替えることなく、新たなシャンプーに乗り換える…という感じでした。

そんなことを繰り返しながら私も、弱酸性のシャンプーを使うようになってようやく成分の大切さというものに気付きました。

人間の身体は弱酸性であるため、弱酸性のシャンプーは極めて自然に近い形で髪を洗浄できます。

大手のシャンプーを使ってる時は排水溝に溜まる髪の量が多いだけではなく、ブローしながら時に抜ける髪も多く、洗面所の床掃除が大変でした。

しかし、シャンプーを変えてからは毛根がしっかりしたのか排水溝に見る髪は数本程度になりました。


スポンサーリンク

髪をとかしてもほとんど抜けず、頭皮が突っ張る感覚は全くなくなりました。

実は最初は例によって適当に選んだシャンプーだったので、あとから弱酸性で、天然成分しか使っていないシャンプーだということをパッケージを見て知ったのですが、なるほどここまで違うものかと驚いたものです。

女性向けの市販のシャンプーは刺激が弱いと思いがちでしょうが、その逆です。洗い上がりの指通り、見せかけのツヤを重視するため、刺激の強い成分が入っています。

ほとんど問題なく使える人もいれば、私がかつてフケだらけになったようにすぐに頭皮が異常化してしまうようなケースもあります。

特に皮脂が多い男性はすぐに異常が出るでしょう。

私が気づなかったように、最近は有名シャンプーも次々に「弱酸性」成分となっており、かつてのような刺激の強いシャンプーは少なくなってきています。

しかし頭皮が弱いと思う人は人間の肌や髪の成分に近い「アミノ酸」を使ったシャンプーを使用したほうがよいでしょう。

生き物の身体を構成する元はアミノ酸であり、アミノ酸が含む天然の糖や保湿成分は髪の成長成分となります。

アミノ酸シャンプーは毛根に栄養を与えるため、実は抜け毛が減るだけではなく育毛効果もあるのです。

アミノ酸系のシャンプーはドラッグストアなどでは種類がそれほど多くありません。

店頭に置くだけではなかなか個性的な商品の特徴が伝わりにくいため、製品の特徴が詳しく説明できるインターネット、通販が主流です。

育毛シャンプーを購入する際は十分な情報を集めるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします