ストレスと薄毛の関係性について | Quality Of Life

ストレスと薄毛の関係性について

スポンサーリンク

精神的な薄毛の要因、すなわちストレス。現代はこのストレスによる、薄毛・ハゲの原因が、大きくクローズアップされています。

これは、以前と比較して、薄毛などの髪の悩みを抱えている人が、右肩上がりに増えていることからわかります。

確かに、現代はストレス社会ですね・・・

では、なぜストレスが薄毛・ハゲの原因となるのか?ひとつひとつ考えていきましょう。

血行不良

毛髪を形成する毛母細胞は、毛乳頭から栄養を送られて活発に働きますが、毛乳頭はこの栄養分を、血液の中から吸収しています。

ですから、血液の循環が悪くなると、必要な栄養分が細胞に送れなくなり、結果発毛力が落ちてしまうため、薄毛・ハゲの原因となります。

あなたの血液の循環をコントロールしているのは自律神経ですね。

その自律神経が、強いストレスを受けることによって緊張し、その結果、血管の収縮を起こします。当然、血管が収縮すると、血液の循環が悪くなりますよね。


スポンサーリンク

アドレナリンの過剰分泌

人間が極度のストレスを受けると、その反動で体内にアドレナリンが分泌されることはよく存知ですね。

実はこのアドレナリン、活性酸素を急増させる作用があり、頭皮の皮脂汚れを、過酸化脂質に変えてしまいます。

過酸化脂質はねばっこく、大変毛穴に詰まりやすいのですね。

また、毛穴に詰まると取れにくくなり、そのまま放っておくと、あなたの頭皮の炎症を起こす原因となり得ます。

頭皮が炎症を起こすと毛根に損傷を与え、育毛力を極度に減速させてしまうため、薄毛の原因となります。

不眠症

ストレスによる自律神経の乱れで、なかなか寝付けない、すなわち不眠症に陥るケースがあります。

実は毛髪には、成長する時間帯というものがあるのですね。毛髪の成長する時間帯は、午後10時〜午前2時といわれており、

午後10時〜午前2時の間にしっかり睡眠をとることで、多量の成長ホルモンが分泌され、毛髪の成長を促進するのです。

当然、不眠症に陥ると良質な睡眠がとれません。ですから、薄毛・ハゲの原因となり得るのです。

その他、ストレスによる内蔵機能の低下によって、十分なタンパク質の補給が不可能となり、
毛髪にタンパク質が行き届かなくなるという説もあります。

毛髪のみならず、ストレスはあなたに健康にとっても、悪影響を及ぼす可能性が高いですね。

普段から、上手にストレスを解消する方法を持つことが、薄毛・ハゲを予防する手段といえるでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします