抜け毛が増える季節と予防法について | Quality Of Life

抜け毛が増える季節と予防法について

スポンサーリンク

抜け毛が増える季節は、夏から秋にかけてといわれますが、普段からコツコツと、抜け毛の対策を講じておくと、いわゆる、抜け毛の季節を迎えても安心です。

抜け毛を効率的に予防するためには、抜け毛の増えるメカニズムを知っておくことが大切ですね!

毛根に血液が巡らない原因のひとつとして、精神的なストレスによる、毛細血管の縮小があります。

また、シャンプーや整髪剤が髪に負担をかけていたり、ドライヤーの強風が、髪にダメージを与えている場合もあります。

そして、頭皮に負担がかかる原因には、多量のアルコール摂取、喫煙、食生活の乱れなど、不健康な生活も一因となり得ますね。

あなたが抜け毛に悩んでいる場合、あなたの抜け毛には何が最も影響しているのか?ここをしっかり考えてみることがポイントです。

食生活、アルコール、喫煙、ストレス、疲労など、生活習慣を今一度見直してみましょう。

また、紫外線を浴びすぎることが原因で、抜け毛が進行しているケースも考えられます。特に、終日外で働いている場合は要注意ですね。

帽子やヘルメットを被る職種の方は、その影響で、抜け毛が増えてくるケースもありますが、実は紫外線対策も大切なことなのですね。

最近は、紫外線対策の可能な帽子や服も販売されていますので、紫外線の影響で、抜け毛が増えているようであれば、できるだけ紫外線を浴びないように努めることもポイントです。

頭皮を紫外線にさらさないように気を配ることで、抜け毛を予防することも、ひとつの方法なのですね。

そして、毎日の正しいシャンプーで、頭皮を清潔に保つことも、当然大切なことといえますね。

スポンサーリンク

職業が影響する薄毛の原因について

 

職業による薄毛の原因、これはヘルメット、制帽を長時間かぶる必要のある、職種のことを指します。

会社の規定であったり、自身の身を守るためなので仕方がないのですが、経験者の方はわかると思いますが、かなり頭皮が蒸れます。

特に1日中帽子、ヘルメットを、着用しなければならない職種の方は、よくご存知ですよね。

長時間帽子やヘルメットを着用すると、頭皮を圧迫するため、毛根に充分な血流が行き渡りにくくなります。

頭皮の毛母細胞付近の毛細血管は、非常に細い血管なのですね。

非常に細い血管ですから、わずかな重さに圧迫されただけでも、簡単に血流が阻害されてしまいます。また、摩擦による脱毛も十分考えられます。

そして、帽子やヘルメットは頭皮を蒸らしますから、雑菌が毛穴に入り込んで増殖しやすい環境も、つくりだしやすいのですね。

職務上制帽やヘルメット着用の義務があるあなたには、難しいかもわかりませんが、できるだけ通気性のあるものがよいです。

休憩時間など、外せる時間があれば、できる限り帽子やヘルメットを脱いで、頭皮への圧迫を開放してあげるといったことも心がけましょう!

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします