あなたのスカルプチェックをしてみましょう | Quality Of Life

あなたのスカルプチェックをしてみましょう

スポンサーリンク
あなたのスカルプチェック15項目の質問

前髪やつむじ付近の髪が切れている。

お風呂上りに鏡に映る分け目や地肌が気になる。

おでこがひろくなったように感じる。

寝癖が直りにくくなった。

朝起きると枕に数十本の髪の毛がついている。

家族や友人から薄くなったと指摘される。

周囲の視線を気にするようになった。

湿った大きいふけが目立って出始めた。

頭皮からあぶらくさいにおいを感じる。

頭皮のかゆみが強くなった。

ストレスが溜まっていることを感じている。

シャンプー時の抜け毛が目立つようになった。

同級生より髪が薄いと思う。

昔は髪が多くて扱いにくかったのに扱いやすくなった。

整髪量を頻繁に使っている。

 さて、スカルプチェックですが、上記の設問に3個以上該当したあなたは厳しいようですが、何らかのスカルプケアが必要だと思ってください。

薄毛と遺伝の関係性でも触れましたがAGA(男性型脱毛症)は抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していきます。

男性ホルモンに由来しているといわれるため、完全にストップをかけることは難しいですね。

また、スカルプケアを施さないとより早く進行してしまいます。気がついたら・・・ではもう手遅れのケースも否めません。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の場合、薄毛は目立ってきてもうぶ毛は残っています。

このうぶ毛を大切に、栄養を送り届けてケアを怠らないことで、強くてたくましい毛髪に成長する可能性は残されています。

あなたのうぶ毛をしっかり成長させるためには早めの正しいスカルプケアが、大きなポイントとなるのですね!


スポンサーリンク

あなたひとりで自宅でできる薄毛治療のメリット

薄毛で悩んでいる方は、男女問わずたくさんいらっしゃいます。特に近年では、女性の薄毛が増えています。

これは女性の社会進出がすすんで、ストレスが増えているためと考えられますね。でも、いざ病院となると、なかなか行く勇気がなく、薄毛の悩みをひとりで抱えるばかりです。

しかし、病院へ行く勇気のないあなたでも、自宅なら人目を気にせず薄毛治療に専念できますよね!

ストレス対策や食事療法、育毛剤やサプリメントの使用などが、自宅でできる薄毛治療です。病院で薄毛治療を行えば、医療費は1ヵ月に軽く1万円を超えることもしばしばです。

本来なら、自宅で薄毛治療を始める前に、1度病院で診察を受けて、あなたの薄毛の原因を突き止めるのもよいかもわかりません。

正しい知識と原因をあなた自身でしっかり把握して、薄毛対策をたてることもポイントですね。

また、サプリメントや育毛剤も、あなたにどんな商品があっているのか?よく見極めることが大切です。

例えば、チャップアップなどは業界初の、返金保証書のついた育毛剤です。

購入後30日以内にあなたが、チャップアップの効果を感じなければ、全額返金保証のシステムが整備されています。

ひとりで薄毛の悩みを抱え込むよりも、チャップアップを試して、自宅で薄毛対策をしてみませんか?女性にもおすすめのチャップアップです。

病院での薄毛治療の方法と必要とされる費用について

 

病院での薄毛治療の方法を紹介してみます。いったい病院での薄毛治療とは、どのような施術を行うのでしょうか?

薄毛もAGAという言葉とともに、現代では病気として認識されるようになってきました。

AGAとは男性型脱毛症という意味です。主に皮膚科で治療を受けることができるようになっています。

プロペシアという薬が、薄毛の治療のために皮膚科で処方されるケースが多いですね。プロペシアとは、前立腺肥大症の治療に使われている薬です。

プロペシアが、男性型脱毛症に有効だと、厚生労働省に認可されたのは、2005年10月のことです。ただし、男性型脱毛症以外には効果がありません。

病院での薄毛治療の費用ですが、薄毛治療の場合には、生命や生活に支障がないレベルの、医療行為なので保険が適用外となってしまいます。

薬代も含めて約1万円はみておいた方が良いですね。初診の場合はプラス初診料と診察料が必要となるでしょう。

プロペシアに加えて、外用薬を出す病院もありますので、毎月1万円程度の費用は必要だと思ってくださいね。

最近では、ストレス社会の象徴なのか、薄毛治療専門のクリニックも増えています。薄毛治療の専門医では、より高度な最先端の治療を受けることが叶うでしょう。

あなたの薄毛の原因を、徹底的に突き止める検査をして、あなたに合わせた薄毛治療を施術してくれます。

薬の処方や施術のみならず、生活習慣の改善方法などもアドバイスしてくれます。ただし、その分費用も割高になりますね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします