美肌からバストアップまで話題の豆乳は女性に大事な要素がいっぱい | Quality Of Life

美肌からバストアップまで話題の豆乳は女性に大事な要素がいっぱい

スポンサーリンク

豆乳が肌に良いというのはよく聞きますよね。実は豆乳には美肌だけではなくバストアップにも効果的な飲み物と言われています。

豆乳には大豆イソフラボンがたくさん含まれている為それが肌、バストに作用しまたそれ以外にも特に女性に様々な作用がある為豆乳が一気に話題になりました。

では具体的には何がどのように作用するのかを見てみましょう。まず豆乳に含まれる大豆イソフラボンがポイントです。

この大豆イソフラボンはバストアップに欠かせないバストの発達に関係する女性ホルモンであるエストロゲンとよく似ていて同じような働きをしてくれます。

このエストロゲンは年齢とともに分泌量が減ってしまうので豆乳で手軽に補う事ができると注目されました。

実はこの大豆イソフラボン、女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をする為バストアップに効果的とされていますがその多くは残念ながら胃で消化してしまいます。

しかし消化されて終わりではありません。なんと豆乳が胃で消化されるとアミノ酸に変わりそれが結果的にはバストアップに繋がるからです。

バストアップにはバスト全体のサイズアップ・土台である大胸筋・それらを支える皮膚の3つが重要になってきます。

バストのサイズアップに成功しても大胸筋が衰えたままでは綺麗なバストは実現しません。

さらにサイズアップ、大胸筋の強化に成功しても最終的にそれらを支える皮膚が衰えていてはバストアップどころかバストが垂れるなど老化してしまいます。

この最終的に支えてくれる皮膚を作り出してくれるのがアミノ酸です。アミノ酸がハリ、弾力のある皮膚を作る手助けをしてくれます。

ですからもちろん大豆イソフラボンもバストアップに効果的な成分でそれが豆乳を飲む目的にもなりますが実はアミノ酸も重要な役割をしてくれるという事です。

さらに豆乳にはサポニン・ビタミン・リノール酸など更年期障害の緩和になる成分や、

骨粗しょう症の予防、血液をサラサラにするといった効果があり女性に大事な要素が沢山含まれています。

このように体に良い事ばかりの豆乳はどんなに沢山飲んでも副作用がなくそこも注目を浴びた理由のひとつです。

スポンサーリンク

手術じゃない自然な豊胸を望むならバストアップの仕組みを覚えよう

 

バストを大きくする、老化を防ぐなどバストアップの悩みは自分でできる事が実は沢山あります。

しかしただやみくもにマッサージ、筋トレを行う前に仕組みを把握しておくのも大事なポイントです。

バストアップの一番簡単な方法は豊胸手術かもしれまんがまずは自分で仕組みを知りながらのマッサージ、エクササイズを始めてみませんか?

バストアップに大切な事はバストの代謝を促し血行を良くしてあげる事です。代謝・血行と聞くとダイエットに近い物を感じますね。

さらに筋肉・筋トレと続くとなおさらそう感じます。ですがダイエットの仕組みとは少し違います。

バストの血行を促す事は代謝を上げるほかにもうひとつ女性ホルモンの活性化という目的があるからです。

女性ホルモンはバストを形成する大事な要素です。この女性ホルモンを活性化する事でハリのあるバストを作り出す手助けになります。

さらにもうひとつ乳腺の刺激にもなります。乳腺が刺激されバストの発達が促される仕組みです。

代謝を上げ血行促進されると女性ホルモンが活性化されます。その結果バストにハリが生まれます。

これらはマッサージで効果が期待できます。では次はどうしたらいいでしょうか。ずばり筋肉です!

マッサージの後は筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れる事でさらにバストアップへと近づきます。

なぜ筋肉を鍛えるかというと、女性ホルモンの分泌活性化、乳腺の刺激でバストが大きくなるとそれを支える土台を鍛える必要があるからです。

バストの垂れすなわちバストの老化防止に繋がります。

バストアップには乳房、乳腺といったバスト全体とバストを支えている土台である筋肉がポイントです。

それにはマッサージも筋トレも大切なのです。体の成長期とは違いバストは自分でアップする事も鍛える事もできます。

最初に出てきた女性ホルモンの活性化は手術ではできませんよね。自然な豊胸を望むのであればマッサージ、筋トレが必須です。

それにはバストアップのポイントを押さえたマッサージ、筋トレが効果的です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします