胸のサイズの遺伝について / 胸が垂れる仕組み | Quality Of Life

胸のサイズの遺伝について / 胸が垂れる仕組み

スポンサーリンク

胸のサイズ、バストサイズは「遺伝する」ということをよく聞かれることがあるかと思います。

今まで言われてきているように、本当にバストサイズの遺伝はあるのでしょうか?ここでは、バストサイズの遺伝について詳しく見ていきたいと思います。

たとえば、親がDカップの場合は、子供も同様にDカップという場合も見られています。

この場合は「遺伝する」ということになりますが、バストサイズの問題はこのような例だけではありません。

親のバストサイズが小さくても、子供のバストサイズは大きい場合ということが、近年では特に多く見られています。

またこの逆に、親のバストサイズは大きいけれど、子供のバストサイズは小さいという場合もあります。

実際にこのような事例があるため、バストサイズに関する遺伝については、確証が無いといって良いでしょう。

以上の他、胸が小さい原因のひとつとして「乳腺」の発達不足があります。この乳腺の発達不足についても、遺伝とは関係が無いと言われています。

胸をかたちづくる重要な筋肉である「大胸筋」を支えている骨格については、遺伝がある可能性はありますが、乳腺の組織には遺伝はありません。

このようなことから、バストサイズと遺伝の関係は、無いということが言えます。

バストサイズというものは、遺伝ではなく、女性ホルモンの関係や大胸筋を鍛える筋トレなどによることの方が大きくありますので、

女性ホルモンの分泌を促したり、筋トレや胸をマッサージすることで変化していきます。

「胸を大きくしたい!」という場合には、【筋トレで胸を大きく】や【マッサージで胸を大きく】などをご参考に、筋トレやマッサージを実践してみてください。

スポンサーリンク

胸が垂れる仕組み

 

人は年齢を重ねるごとに、胸が垂れてくると言われています。実際にそのような状態になっている人も決して少なくありません。

しかし、胸が垂れてしまうという現象は、年齢を重ねたせいだけではないのです。ここでは、この胸が垂れてしまう仕組みについて、詳しく見ていきたいと思います。

胸が垂れてきてしまう現象には、胸を支えている「大胸筋」が深く関わっています。

大胸筋は胸全体の重さを支えている、胸にとってとても重要な筋肉です。この大胸筋は、年齢と共にだんだんと老化していきます。

そのため、年齢を重ねるごとに胸が垂れてくる、とも言われているのです。また、大胸筋の他、皮膚のたるみなども胸が垂れてきてしまう原因となっています。

このように、大胸筋の老化や皮膚のたるみといった現象が起きることによって、胸は重さに耐えきれなくなり、垂れてしまうというわけです。

以上のように、胸が垂れてしまう原因は年齢を重ねたことも関わっていますが、大胸筋の老化や皮膚のたるみが一番の原因だと言えるでしょう。

また、このような現象は、年齢を重ねた人だけに現れるものではありません。

若い人の中にも、胸にハリがなかったり左右の胸が離れてしまっていたりする人がいるかと思いますが、このような現象も大胸筋の衰えからくるものです。

胸にハリを出すことや離れた胸のかたちを整えることは、垂れた胸を整えることと同様に、大胸筋を鍛えることで治していくことができます。

このような胸の状態を改善していくには、大胸筋を鍛える筋トレや、マッサージなどがおすすめです。

【筋トレで胸を大きく】や【マッサージで胸を大きく】などを参考にして、実践してみてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします