臭いの元は雑菌!! / 足の臭いと病気 | Quality Of Life

臭いの元は雑菌!! / 足の臭いと病気

スポンサーリンク

体臭はそれほどひどくないのに足は臭い、そんな方結構いるのではないでしょうか?私もそのうちの一人でした。

足のうらには「エクリン腺」という汗を出す腺が密集しています。

そもそも足という場所は少し特殊な場所で、もともと汗を一番掻きやすい場所であることに加え、日中、

仕事や学校などで外出している時間のほとんどを靴という洋服と比べて通気性の悪いもので一日中覆われているということです。

ビジネスマンであれば革靴、女性が履くブーツなどは更に通気性が悪く高温多湿な雑菌が活発になる環境を作り出します。

しかも靴の下には靴下。これだけ条件が揃えば誰でも足が蒸れることは容易に想像できるのではないでしょうか?

しかし汗を掻くだけで匂いが発生するわけではありません。匂いの原因は「雑菌」なのです。ですから清潔な足を保てば匂いを相当抑えることができるわけです。

スポンサーリンク

清潔を保つ

足の匂いの原因が雑菌であることがわかればその雑菌の発生を抑制すれば匂いも抑えることが出来るわけです。

雑菌の発生を抑制する、すなわち清潔を保つとは足自体の清潔とその足を日中常に覆っている靴の清潔の2つを意味します。

足を清潔にするためにはまずはお風呂で丁寧に足を洗うことです。意外と体は洗うけど足の指の間や足の裏まで洗うという方は多く無いようです。

また角質部分には雑菌がたまり易いので足の裏用の軽石などを購入して毎日こするようにすると効果的ですよ。

足の臭いと病気

みなさんは、自分の足の臭いが気になったことはありませんか。

靴を脱いだとたんに思いがけない臭いがして、ショックを受けたという人もいるのではないでしょうか。

もしくは、家族やパートナーの足の臭いがいつもよりきつく感じて、何かの病気ではないかと心配している人もいるかもしれませんね。

足の臭いの原因は、主に汗と雑菌だと言われています。足の裏には汗腺(かんせん)という汗を分泌する腺がとてもたくさんあります。

特に足の裏にはエクリン腺と呼ばれる汗腺が1平方センチメートルに1,000個もあり、体中で一番汗をかきやすい場所になっているので、毎日お風呂で丁寧に洗っていてもすぐに汚れてしまうのです。

しかも足の裏は1日でコップ1杯もの汗をかく場所なので、それだけの汗が狭い靴の中に1日中放出されていると考えたら、雑菌の繁殖も否めませんよね。

足の病気で代表的なのは水虫です。水虫は菌が足の皮膚や角質などに炎症を起こす感染症で、一度かかってしまうと自然治癒は期待できないやっかいな病気です。

また、通常よりも極端に多く汗をかく場合は、精神的な病気も考えられます。

ストレスなどでかく汗が細菌によって分解されると、通常よりも臭いの強い汗になりますので、臭いがいつもよりきつくなった場合には要注意です。

他には腎臓などの内臓の病気も考えられます。腎臓の機能が低下すると身体が酸性に傾くので、通常よりも酸性の強い汗の臭いになる場合があります。

あまりにも足にかく汗の量が多い場合や、いつもよりも臭いの強い場合には、一度健康状態をチェックしてみる必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします