足の匂いを抑える靴下の活用法 / 様々な小物で臭いを抑える | Quality Of Life

足の匂いを抑える靴下の活用法 / 様々な小物で臭いを抑える

スポンサーリンク

足の匂いをなんとかしたいという方にお勧めなのが靴下の活用法です。足の匂いを抑えるために靴下に求められるのは吸湿性です吸湿性の良い靴下とはどのようなものか。

一昔前に流行った「ルーズソックス」は意外にも足の匂いを防止するには効果的なものでした。靴下の素材として一番理想的なものは綿生地のものです。

そして、男性であればできれば5本指の靴下がとてもお勧めです。私も使用してますが綿生地の5本指の靴下にしてから足の匂いが格段にしなくなりました。

それまでは通常の靴下を使用していたのですが、仕事が終わってから帰宅して靴下を脱ぐととても耐えがたい匂いがしていたので、

なんとかしたいなと思い、最初は少し戸惑ったのですが、綿生地の5本指の靴下にしてからはほとんどと言っていいくらい匂いがしなくなりました。

またお勧めとしては、できる事なら替えの靴下を1足用意しておいてお昼くらいで履き替えてみてください。かなり効果がありました。

1日中同じ靴下で生活をしているとどうしても汗をかき、湿気が充満して匂いの元となります。

通気性の良い靴下を履いて、出来れば日中に履き替えることによって、だいぶ匂いの発生が抑制することが出来ます。

また5本指の靴下を履くことが周りの目が気になるという場合はその上から普通の靴下を履くということで解消することもできますのでお試しください。

スポンサーリンク

プレミアム靴下 消臭グッズ

以下に消臭効果の高い靴下や臭いを抑えるグッツをご紹介しておきます。

通常の靴下よりは少し値がはりますが、ここ一番の席で恥ずかしい思いをしない為には用意しておいても損はないかもしれませんね。

普段のお手入れで足の臭いは格段に抑える事が出来ますよ。

重曹を利用する

一般的には掃除道具として利用されている「重曹」ですが足の匂いに対しても効果があります。

実際にどのように活用するかというと、入浴時にボディーソープの代わりに利用します。

ボディーソープやせっけんはいい匂いがしますがそれ自体にはほとんど消臭効果はありません。

それの代わりに重曹を使用することによって足の匂いをかなり消すことができます。

毎日きちんとお風呂に入っているのになかなか足の匂いが取れないという方は1度試してみてください。

10円玉を利用する

10円玉の原料である「銅」には消臭効果があります。帰宅後に10円玉を次の日の朝まで靴の中に入れておくだけでかなりの消臭効果が期待できます。

しかし銅は非常にカビが発生しやすいので素材ですので、10円玉を入れたまま靴を使用するのは控えてください。

靴の中敷きを交換!

ほとんどの方が靴の中敷きは買った時のままになっているのではないでしょうか?靴の中敷きも使用していくうちに湿気がたまり雑菌の温床となっています。

1年ほど使用した中敷きは思い切って交換してみてください。最近は匂い対応の中敷きも販売されていて、消臭効果の高いものが販売されています。

お酢を活用

足の匂いの原因である雑菌は酸性に弱いという性質があります。その性質を利用するのが足浴にお酢を混ぜるという方法です。

洗面器にお酢を少量入れて毎日5分〜10分ほど足浴をしてみてください。驚くほど足の匂いは解消されます。お酢自体にもきつい匂いがありますので入れすぎには注意してください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします