法令線改善のフェイスエクササイズ / 法令線とリフトアップ | Quality Of Life

法令線改善のフェイスエクササイズ / 法令線とリフトアップ

スポンサーリンク

表情筋を鍛えましょう。ほうれい線の改善にはフェイスエクササイズが効果的です。フェイスエクササイズはまさに顔のエクササイズで、衰えた筋肉を改善して、ほうれい線を消してくれます。

しかし、1度行っただけで消えるわけではなく、継続して行うことがとても大切となります。また、フェイスエクササイズというのは一つしかないというわけではなく、様々な動かし方があります。

ここで紹介するのはほんの一例ですので、他の動かし方が気になる方、色々な動かし方を試してみたいという方は、最近ではマニュアルなども販売されていますから、購入して読んでみるのもいいと思います。

では、改善方法を紹介します。まず、口を自然に3センチほど開けて、その状態のまま下唇を下げます。この時のポイントは下の歯が見えている状態にすることです。

そして、鼻の下の肌を下げるようにしてみてください。この時ほうれい線が消えるように意識しながら行ってみてください。

そして、ほうれい線のラインを指でつまんでアゴの方へと引き下げていきます。この状態を5秒ほどキープしてください。

これを10回程度繰り返して行うことで効果があらわれます。

他には、口を閉じた状態で、舌を頬にあてて、上下に動かすという運動もあります。左側、右側の両方を行うようにしてください。

フェイスエクササイズは、部分的にではなく、できれば顔全体の筋肉を鍛えるような気持ちで行うとよいかと思います。

顔全体の筋肉が鍛えられることによって、顔全体が引き締まって若々しく見せることができ、これが結果ほうれい線を予防・改善することにつながります。

ぜひ試してみください。

スポンサーリンク

たるんだ肌を引き上げる

ほうれい線を気にしている女性の方々はリフトアップという言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

リフトアップというのは、たるんだ肌を引き上げるということを言います。このための方法には様々なものがあります。

自宅で簡単にできるものとしては、マッサージが挙げられます。

毎日コツコツと続けることで効果が得られますし、なによりお金がかかりませんから、手軽に行うことができます。ただし、即効性はありません。

エステなどで専門的なマッサージを受けることもできますが、効果が長く続かないことや金銭的に厳しいこと、継続して通わなければならないことなどのデメリットがあります。

最近では、自宅でリフトアップができるように、美容グッズが販売されています。

肌を引き上げるためのターバンやマスクなどのグッズ、肌に直接を塗りこみ、若々しい肌を保つためのジェルやクリームなどの化粧品があります。

これらを活用するのも一つの手段です。ほかには美容整形などで手術を受けるという方法もあります。

手術には肌を切らないものと、メスを入れるものとの2種類があります。最近は肌を切らずに行う手術方法が主流となってきているようです。

肌を切らないで行う手術というのは、体の中に残らないコラーゲンなどが配合されている糸で肌を引き上げるというものです。

コラーゲンは徐々に溶けていき、肌に吸収されますし、副作用などがほとんどありませんからおすすめされているようです。

メスを入れる手術の場合は1度受けると長期間効果を維持することができるというのがメリットとなっています。

ただし、術後は少し顔が腫れることなどがありますから、事前によく調べてから受けることをおすすめします。

リフトアップのためであっても手術をするということには変わりありませんから、費用もかなりかかりますし、また副作用なども考える必要があります。

また、アフターフォローもしっかりしているところを選ぶことも重要ですから、事前にしっかりと調べる必要があります。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします