花粉症による肌の荒れを防ぐには | Quality Of Life

花粉症による肌の荒れを防ぐには

スポンサーリンク

花粉症はせっかくの春と台無しにしてくれる厄介な症状ですね。花粉症の場合は、アレルギーなどの症状への対策だけでなく、肌の荒れにも注意が必要です。

花粉症の症状が出ている間は何度も鼻水をかんだり、涙をふき取ったりしますから、その周りの肌は乾燥してきてしまいます。

花粉症による肌の荒れを防ぐには、まず、帰宅したら、全身から花粉を払い落としましょう。それからうがいをすることも大切です。

顔や首にも花粉がついていますから、メイクを落として花粉も落としましょう。この時の洗顔料は優しいものを使うことです。

花粉症によって肌が荒れている状態ですから、肌の保護を果たしてくれる皮脂は洗い流さないように、優しくぬるま湯で撫でるように洗うことが大切です。

また、髪にも花粉がついています。が、髪は洗いすぎると痛みます。髪についた花粉は玄関で振り落とすようにしましょう。

洗髪した時は、髪についた花粉が顔について残りますから、洗髪の後洗顔するようにします。

花粉症の薬にも肌荒れを起こす成分が入っている場合がありますから、何らかの症状がある場合は医師に相談する子が大切です。

花粉症と美肌対策

花粉症はせっかく暖かくなってきた、とても嬉しい季節である春をとんでもなく憂鬱な季節にしてしまうものですね。

情けなくも止まらない鼻水や涙、咳への対応だけで春が終わってしまいます。

この花粉症、肌にもあまり良くありません。鼻水を噛んだり、涙をふき取ったりと何度も肌をこすることになります。

マスクをしたら、マスクに水分が吸い取られてしまいます。肌の乾燥を招くものばかりです。

花粉症を防ぐには体調を整える事が一番です。睡眠を良く取って、ストレスを溜めないことです。

また、食生活を動物性のものから、植物性のものにシフトすると良いとも言われています。このように花粉症自体の対策と、さらに肌の保湿対策をとって美肌を守っていきましょう。

また、肌に花粉を直接寄せ付けないために、例えばファンデーションなどは油分の少ないものを使われるとよいですね。

また、化粧を落とす家の中には花粉を入れないことです。玄関では花粉を払い落として、しっかりうがいもしておきましょう。

スポンサーリンク

美肌のための花粉症対策

春は寒い乾燥した冬から抜け出て、身体も心も明るくなってくる季節です。でも、春になると花粉症に悩まされている人は、かなり憂鬱な季節となります。

花粉症の主な症状は鼻水や涙や目やに、それに咳などですが、それらの症状が精神的なストレスとなったり、夜眠れなかったりすると肌へのトラブルも起こってくる事になります。

また、衣服などで守られていない顔や首などの皮膚は、直接花粉が付着します。それによってかぶれが起こったり、炎症が起こったりする事もあります。

健康な肌でしたら、花粉が付着しても、それを肌に入れない、またアレルギーに負けないバリアがあるのですが、

目やにや涙を何度もふき取ったり、鼻水を噛んだりしているとどうしてもその周りの肌は荒れてきてしまいます。

そこから花粉が侵入して肌が炎症を起こしてしまうのです。

まずは花粉症自体を改善することが大切ですが、肌の保湿を心がけて肌自体を強化しておく事も大切です。

肌の保湿を第一に考えた化粧品に変更する、セラミドやリビジュアなどの成分配合化粧品を選ぶ、クリームやジェルを使って保湿するなどの対策をとりましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします