日焼け止め成分の紫外線吸収剤 / 美肌に紫外線B波がもたらす影響 | Quality Of Life

日焼け止め成分の紫外線吸収剤 / 美肌に紫外線B波がもたらす影響

スポンサーリンク
日焼け止め成分の紫外線吸収剤

美肌のためには紫外線対策が欠かせません。毎日日焼け止めを塗っていらっしゃる方も多いかもしれません。

また、化粧品にも、特に夏向けの化粧品にはUV成分が入っているものが多く販売されています。この紫外線対策に使われる日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が含まれています。

紫外線吸収剤というのは肌の表面で、一度紫外線を吸収します。それを熱エネルギーに変えて空気中に発散する働きがあります。

紫外線吸収剤の主な成分は、紫外線A波を吸収する働きのあるメキゾリル、紫外線B波を吸収するオキシベンゾンなどです。

これらの成分は人工的に製造された化合物です。

ですから、人によってはひりひりする人もいます。肌の弱い人にはあまりオススメの成分ではありません。

出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

それに、これらの成分は何度も使っていると、肌が本来持っている基礎的な代謝能力、防御能力を衰えさせる事があります。

海水浴や外のスポーツなど、必要なシーン以外では紫外線吸収剤の日焼け止めは肌の健康な人でも出来るだけ避けたいところです。

スポンサーリンク

美肌に紫外線B波がもたらす影響

美肌に大敵の紫外線には波長の長さによって3つの種類があります。真ん中の波長になるのが紫外線B波です。

日焼けの原因となるのが紫外線B波になります。紫外線B波に当たると表皮と真皮の間にあるメラニンサイトに指令が行きます。

紫外線B波による肌への影響を抑えるために、肌を黒くして害を防ごうとするのです。メラニンサイトでは指令を受けて、メラニン色素を生成します。

それで肌が黒くなってくるのです。これを日焼けと呼んでいます。紫外線B波は紫外線A波と違ってガラスを通りません。

また、普通の日傘や帽子でもある程度防ぐ事ができる紫外線です。

でも、紫外線A波もやってきていますから、UV加工された日傘や帽子、それにガラスなどを使われるほうが良いでしょう。

それから、日焼け止めも大切です。ただ、日焼け止めは紫外線の害は防いでくれますが、日焼け止めの成分が肌を傷めてしまいます。

毎日きちんと洗顔して洗い流す事が大切です。

もし、日焼けしてしまったら、しっかり冷やす事が大切です。日焼けも他のやけどと同じです。それから、保水を心がけましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします