美肌とコラーゲン / コラーゲンと皮膚の構造 | Quality Of Life

美肌とコラーゲン / コラーゲンと皮膚の構造

スポンサーリンク
美肌のためにコラーゲンの代謝を

美肌のために是非補給したのがコラーゲンです。コラーゲンは肌の真皮層の70%を占める成分です。

だからコラーゲンが減少したり、その活動が弱まったりすると真皮層が形を正常に保てなくなり、保湿効果が落ちて乾燥してくるようになります。

コラーゲンはずっと同じものが真皮層に有るわけではありません。常に新しいコラーゲンと入れ替わっています。しかし、コラーゲンを生成する能力は年を取ると落ちてきます。

だから、加齢が進むと肌が乾燥してきてしまうのです。また、新しいコラーゲンになかなか変わりにくくなって、古いコラーゲンがたくさん体に残ることになります。

古くなったコラーゲンは硬くなって、柔軟性がありません。コラーゲンがあっても、保湿効果がなくなったり、弾力がなくなったりするのです。

これが肌の老化を加速する事になります。古いコラーゲンが増えると、肌だけでなく、コラーゲンがたくさん使われている血管や骨にも影響が出てきます。

血管や骨も柔軟性や弾力性が必要な器官です。血管の弾力が失われると動脈硬化が起きたり、高血圧になったりします。

骨も骨粗しょう症などになりもろくなります。また、白内障の原因にもなるそうです。美肌のためだけでなく健康のためにもコラーゲンを摂取したいですね。

コラーゲンと皮膚の構造

美肌のためには肌に良い成分を積極的に摂って行きたいですね。そんな成分の1つがコラーゲンです。

コラーゲンには細胞の新陳代謝を高める働きがあります。コラーゲンを取ることで肌の生成を促す事ができるわけです。

私たちの肌、皮膚は3層構造になっています。一番上にあるのが表皮、その下が真皮、そして皮下組織があります。

私たちが皮膚と言っているのは表皮の部分です。でも、美肌で一番重要といわれているのは表皮の下にある真皮の部分です。

真皮は実に70%コラーゲンから出来ています。真皮はコラーゲンで保たれているといっても良いくらいです。

ですから、コラーゲンが減少したり、コラーゲンの働きが悪くなってくると真皮層が変形してくるようになります。

そうすると肌の水分を保っている場所が狭くなってしまうのです。そうして肌の保湿効果が落ちてきて、肌が乾燥してくるようになります。

肌の乾燥はいろいろな肌のトラブルを引き起こしてきます。

コラーゲンは美肌を保つのにとても重要な成分である事はわかりましたが、コラーゲンも他の保湿成分と同じで、年をとると減ってきてしまいます。

40代になると20代の頃の半分くらいになるそうです。コラーゲンをしっかり補給して美肌を保ちたいですね。

スポンサーリンク

美肌にビタミンC

美肌に良いといわれる栄養素にはいろいろありますが、ビタミンCもそのうちの1つです。ビタミンCは肌に良いだけでなく、美肌には欲しくないシミを予防する栄養成分でもあります。

ビタミンCというとサプリメントとしてたくさん販売されています。しかし、サプリメントのビタミンCには天然ではなく、合成されたものがたくさん使われています。

合成されたビタミンCは身体にかえって悪い影響を与えるというようにも言われています。

それから、ビタミンCは水溶性なので、一度にたくさんの量をとってもその大部分が生かされずに、排出されるとも言われています。

最近は徐々に溶け出すような加工をされているサプリメントも販売されています。また、サプリメントの形状を取るために、いろいろな添加物も入っている可能性が強いです。

出来れば天然の食材からビタミンCを摂りたいですね。ビタミンCを含む食材にはフルーツなどがあります。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします