美肌クレンジングと洗顔 / 美肌クレンジング選び / 美肌クレンジング法1~2 | Quality Of Life

美肌クレンジングと洗顔 / 美肌クレンジング選び / 美肌クレンジング法1~2

スポンサーリンク
美肌とクレンジングと洗顔

美肌のための一歩は肌にいらない成分、汚れを取り去るところから始まります。それにはクレンジングが必要です。現在女性で、お化粧をしていない人はあまりいないでしょう。

今日は出かけることがないからとお化粧をしていなくても、紫外線の害を防ぐために、日焼け止めを付けられている人が多いと思います。このような成分は普通の洗顔だけではなかなか落ちません。

やはりクレンジングが必要となります。最近はクレンジングと洗顔が一度にできるという製品も販売されるようになってきています。

でも、美肌作りにはやはりきちんとクレンジング、その後、洗顔というステップを踏んで行きたいところです。また、このようにクレンジングと洗顔を分けるほうが肌にも負担が少なく、きちんと化粧を落とす事ができるようです。

クレンジング製品にもいろいろなタイプがあります。最近はジェルタイプなども出ていますが、オイルタイプ、クリームタイプなどもあります。

そんなクレンジングを美肌から考えると、クリームタイプや乳液などの液状タイプのものが良いようです。

美肌のためのクレンジング選び

美肌を作るうえでクレンジングはとても大切なケアの1つです。肌の汚れをしっかりと落としておかないと、後のスキンケアに力を入れても効果がドンと落ちてしまいます。

クレンジングにも最近はいろいろなタイプのものが出ています。クレンジングの役割は肌の汚れを落とすことですが、肌に刺激が強すぎるものはやはり避けたいですね。

クレンジング剤のタイプには、オイルタイプやジェルタイプ、クリームタイプ、それに最近はふき取りタイプのものも出ています。

クレンジングと洗顔が同時に出来るものもありますね。でも、肌に優しくしっかりクレンジング、汚れを落としてくれるのはクリームタイプや乳液タイプのクレンジング剤のようです。

オイルタイプのクレンジング剤は昔からありますが、オイルは物によっては、また肌の質のよっては、想像以上に肌に負担がかかる時があります。

それから、ふき取りタイプのシート状のものが最近は良く発売されていますが、もっとも肌に刺激を与えるタイプとなります。出来れば避けたいクレンジング剤です。

スポンサーリンク

美肌のためのクレンジング法(1)

美肌のためにはクレンジングはとても大切なのですが、ではどのようなクレンジングが肌に良くて、どのように使えばよいのでしょうか?

クレンジングとしてオススメなのはクリーム状のもの、それに乳液状のものです。肌に刺激の少ない成分、自然素材のクレンジング剤を選ばれると良いでしょう。

ただ、自然素材の場合、アレルギーなどもありますから、ご自身の肌に合うものを選びましょう。

最近はシートタイプのクレンジング製品も出ていますが、シートに含まれている成分でメイクを溶かして取り除いて行くものです。

かなり肌には刺激のある成分となりますので、お風呂などでクレンジング出来る時は避けるほうが良いでしょう。

クレンジングを使う時は少し多いかな?と思われるくらいが良いようです。クレンジング剤が少ないと、肌を手でこする事になり、肌に余分な負担をかけることになります。

クレンジングはこすり落とす感覚ではなく、伸ばして、メイクと馴染ませる感じでマッサージするように滑らせて用いましょう。肌が動かないくらい優しく撫でて行く感じです。

美肌のためのクレンジング法(2)

美肌のためにはクレンジングが欠かせませんが、クレンジングもやり方によっては、肌を傷めることになります。

まず、肌に優しいクレンジング剤を選ぶことです。それから、クレンジング剤は多いかな?と思われるくらいの量を使われることです。

肌に余分な刺激を与えずに、しっかりとメイクを落とすためには、メイクとクレンジング剤を馴染ませるような感じで、洗うというよりマッサージするように行いたいからです。

それから、クレンジングは肌が厚めに出来ているおでこから始めると良いといわれています。

おでこから眉間に、それに鼻の部分などは骨に近くて肌が固めですから、ここの部分からクレンジングを始めます。

それから、頬、顎の順の進んで、皮膚が弱い口元や目元は最後に汚れを落としていきましょう。

特に口紅やアイライン、アイシャドウなど濃い化粧を行う口元や目元は丁寧に汚れを落とす事です。

でもクレンジングに時間をかけすぎるとかえって肌に負担となってしまいます。クレンジングは1分を目安に行いましょう。

最後にクレンジングを洗い流す時はぬるま湯を使います。熱いお湯だと肌の保湿成分まで洗い流してしまうから注意しましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします