腰痛や膝痛(関節痛)にヒアルロン酸が効く? | Quality Of Life

腰痛や膝痛(関節痛)にヒアルロン酸が効く?

スポンサーリンク

腰痛に低分子ヒアルロン酸が効く?

ヒアルロン酸は関節や皮膚をはじめ、体の重要な部分すべてに存在しています。関節に存在するヒアルロン酸は、関節内部で骨と骨の磨耗を防ぐ、潤滑剤の様な働きや関節のクッション材の役割をする軟骨に、栄養を与える働きもしています。

しかし、体内で生成されているヒアルロン酸は年齢と共に減少していきます。ヒアルロン酸が減少すると、保水力の低下による肌のたるみをはじめ、腰痛や膝痛などさまざまな症状が現れます。

なかでも腰痛で悩んでいる方は多いようです。この辛い腰痛を、少しでも緩和させるには、ヒアルロン酸を積極的に摂る必要があります。

ただ、ヒアルロン酸は体の中で少しずつ分解されるので、常に補給する必要があり、また、ヒアルロン酸は分子が大きく吸収されにくいため、そのまま摂取してもあまり効果は期待できません。

そこで、「低分子ヒアルロン酸」が注目されています。低分子ヒアルロン酸は、体に吸収しやすくするために、小さいサイズまで分解したヒアルロン酸成分です。

低分子ヒアルロン酸は、肌細胞の水分を保持するだけでなく、関節の痛みを緩和させる働きをすると言われます。

ただし、サプリメントなどでヒアルロン酸を摂取するだけでは、腰痛を和らげる大きな効果が期待できるとはいえません。

ヒアルロン酸の摂取と共に、日頃からストレッチなどで腰まわりの筋力や柔軟性を保つことが大切です。

膝痛(関節痛)にはヒアルロン酸注射

年齢を重ねると膝や肘などをはじめ関節痛に苦しんでいる方は少なく ありません。

ヒアルロン酸は膝などの関節をスムーズに動かす潤滑油の働きをし、コラーゲンは関節のクッションの役割をしています。

この関節に大切なヒアルロン酸やコラーゲンは年齢と共に減少していきます。

20歳の頃を100%と考えると、60歳では4分の1の25%まで減少すると言われ、ヒアルロン酸やコラーゲンが不足すると、関節をスムーズに動かせなくなり痛みが生じます。

この膝痛などの関節痛治療で、効果が高いといわれるのがヒアルロン酸注射による治療です。

関節に注射針をさして、ヒアルロン酸を直接注射するため、関節内のヒアルロン酸が増え、膝痛などの症状が軽減します。

ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸を増やして関節の動きをよくするだけでなく、関節内の炎症を抑え、またヒアルロン酸の生成も促してくれるため、根本的な効果も期待できるでしょう。

膝痛などの関節痛には、直接ヒアルロン酸を注射するほうが効果はありますが、ヒアルロン酸のサプリメントやドリンクなどを継続的に飲むのも良いようです。

ただし、ヒアルロン酸注射のように根本的な効果は期待できないとも言われています。

いずれにしても、年齢と共に減少していくヒアルロン酸やコラーゲンを日々補うよう心がけることが大切です。

スポンサーリンク

関節痛にヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は関節や皮膚など私たちの体内に存在する物質で、全身の組織に潤いと弾力性を与え、肌を美しい状態に保つ働きをします。

関節に存在するヒアルロン酸は、関節内部で骨と骨の磨耗を防ぐ、潤滑剤の様な働きをします。

このヒアルロン酸が加齢とともに減少すると、肌にハリがなくなったり、関節がスムーズに動かなくなったり、関節痛になることもあります。

階段の昇り降りをすると膝が痛んだり、膝に違和感を感じたりする方は関節内でクッションの働きをするヒアルロン酸が不足しているのかもしれません。

関節痛の治療には、貼り薬や痛み止めの内服などがありますが、肩や膝の関節にヒアルロン酸注射をする方法もあります。

ヒアルロン酸関節内注射は、関節痛の治療法として広く行なわれています。

ヒアルロン酸を関節に注射することで、加齢などによって失われたヒアルロン酸が直接補給され、ヒアルロン酸の働きが活性化し、痛みや炎症を軽減する効果があります。

【関節痛予防のために】

太っている人は、体重管理をしましょう体重が増えると、膝にも大きな負担がかかります。

膝への負担を少しでも軽くするために、自分の適正体重を維持しましょう。体重が減れば関節への負担が少なくなります。

また、適度な運動も必要です。医師に相談した上で、関節に負担が掛からない自分に合った運動を心がけましょう。

関節が痛いからといって動かないのは逆効果になることがあります。冷えると関節痛が出やすくなります。体や膝を温めて血行をよくするように心がけましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします