禁煙方法には主にどんなものがあるか? | Quality Of Life

禁煙方法には主にどんなものがあるか?

スポンサーリンク

「さあ、今から禁煙するぞ!」そう思ったとき、まずあなたなら何をしますか?タバコをやめれば済む話――

確かにそうなのですが、ご存知のようにタバコに含まれるニコチンには依存性があるため、禁煙にはどうしても葛藤がつきまとうものなのです。

自分の意志だけで禁煙できればそれに越したことはないのですが、何度も失敗しているという人や、健康のためにやめたいけれど自信がないと思っている人もいます。

そんなときは、タバコをやめたい人のための禁煙外来や、禁煙グッズを利用してみてはいかがでしょうか。禁煙外来や禁煙グッズのメリットとデメリットを比較してみましょう。

まず、持病などのため禁煙をしなくてはならない人は、禁煙外来を受診してみてください。

禁煙外来は医師の指導のもと、処方された薬を服用しつつ禁煙を行なうので、成功する確率が比較的に高いと言われています。

回数に制限はありますが保険も適用されるため、禁煙で深く悩んでいる人におすすめです。禁煙外来では、治療費と通院するための時間が必要となります。

自力でタバコをやめる場合は、禁煙グッズが役に立ちます。主な禁煙グッズを見てみましょう。

スポンサーリンク

ニコレット

ニコレットはニコチンガムのことです。同じニコレットの商品ではパッドタイプの物もあります。

粘液や皮膚からニコチンを摂取する方法で、禁煙外来でもこのニコチンガムやニコチンパッドを医師から処方されます。

ニコチンの離脱症状には効果大ですが、これを使うと、その日から一切タバコが吸えなくなってしまいます。

離煙パイプ

タバコに装着し、ニコチンの摂取量を減らすパイプです。段階的にニコチンの量を減らし、最終的に禁煙を楽に行なえるようにします。

ただし、吸うタバコの本数自体は変わらないので、喫煙習慣はそのまま残ってしまいます。禁煙を行なうための準備とも言えるでしょう。

ニコチンの量がゼロに近くなったら、タバコをやめるか、電子タバコや禁煙パイポに切り替えなくてはなりません。

禁煙パイポ

とても安く気軽に買える禁煙グッズです。火は使いません。ニコチンは入っていないので、ニコチンの離脱症状をやわらげることはできません。

電子タバコ

タバコに非常によく似せて作られていますが、煙は水蒸気なので有害物質を含みません。火は使いませんが、先端に赤いライトが灯るなどの工夫がされています。

通常ニコチンは入っていないので、離脱症状の緩和にはなりません。自分のライフスタイルと目的に見合った方法を選ぶのが禁煙成功のヒケツと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします