体がだるいと感じた時の倦怠感について | Quality Of Life

体がだるいと感じた時の倦怠感について

スポンサーリンク
体がだるいと感じた時の倦怠感について

倦怠感というものは一言で言うのは難しいかもしれません。だるい、精神的にも肉体的も疲弊していてやる気が起きない。

気持ちはあっても動くに動かないような感覚と言ったところでしょうか。倦怠感を感じる場面というものは日常生活でも考えられます。

また、何らかの疾病が引き起こしている可能性も考えられます。

日常生活を行っている上で考えられる倦怠感は疲労や睡眠不足やストレスなどが考えられますが、これらは自分自身で倦怠感の理由が比較的自分自身で把握できるものとなります。

そのため、原因となっている事由を打破できれば倦怠感もなくなる可能性があるとということになります。

ところが疾病が引き起こす倦怠感は自分自身ではわからないものもありますし、明らかに病的なことが起因しているのであろうという症状が出てくることがあります。

風邪ひきや貧血や糖尿病などはその典型とも言えるでしょう。

こうした疾病がらみの倦怠感は自分自身でその原因を取り除くことが難しいので病院などで診察を受け適格な指示のもと治療をしてもらうことで倦怠感を取り除くこととなるのです。

スポンサーリンク

自律神経失調症とは

 

自律神経失調症とは厄介な病気です。

原因らしい原因というものが思い当たらないのに生活を行っていく上で障害となってしまう可能性が大きくなる症状が色々と出てくるからです。

主な症状としては倦怠感や疲れ、動悸やめまい火照り、不眠や耳鳴に便秘に下痢、手足のしびれに頻尿など様々な不快な症状が現れてきます。

多くの場合、その不快な症状を回復するために病院に通っても原因が判明ぜずに最終的に神経科や精神科で判断をされるということが多いようです。

自律神経失調症の原因は一言で決めてしまうことが出来ません。人それぞれに原因があると考えられるからです。

生活の乱れが原因となることもありますしストレスが大きな要因となることもあります。また、性格によるものとなる自律神経失調症もあるようなのです。

一般的に自律神経失調症には4つのタイプが有ると言われており、本態性自律神経失調症と、神経症型自律神経失調症と、心身症型自律神経失調症と、抑うつ型自律神経失調症に分けられます。

それぞれのタイプにより治療の方法も異なってきますが心身ともに治療を行わなくてはいけない可能性があるのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします