自律神経失調症の時に取りたい食事とは | Quality Of Life

自律神経失調症の時に取りたい食事とは

スポンサーリンク
自律神経失調症の時に取りたい食事とは

 

自律神経失調症を改善していくには薬物療法なども重要なのですが意外と重要なポイントとなってくるのが食事ということになります。

自律神経失調症の人には足りなくなっていると思われる栄養素が多く含まれるものを食べていくと改善へ向けての効果が上がると言われているのです。

まずはビタミンAです。人参やレバーなどに含まれているビタミンAはストレスを感じやすくなっている自律神経失調症の人には必ず必要となる栄養素です。

また、ビタミンB1も重要です。

豚肉や玄米、納豆などに多く含まれているのですがビタミンB1は精神的な不安定さやイライラ感を解消してくれるとも言われていますので必ず摂り入れておきた栄養素なのです。

筋肉全般に関連していると言われているカルシウムも摂取も大切です。海藻類や大豆から補給をするように心がけましょう。

マグネシウムは大豆やひじきに昆布などに多く含まれており神経の高ぶりを抑えてくれるといいます。

精神を安定させうためにも必要な栄養素となるのです。

レバーやほうれん草などに多く含まれる鉄分や貝類などに多く含まれる亜鉛なども精神安定を求める自律神経失調症の人には必要な栄養素となっています。

スポンサーリンク

自律神経失調症の治療方法とは

 

自律神経失調症にはいくつかのタイプが有ります。そのため治療を行うにしても方法がそのタイプによって変わってくるということになります。

基本的には体に感じる変調を回復するべく治療を行うのと精神的なものに対しても治療を行っていくということが重要となってきます。

生活環境の改善や体質や性格の改善などにも取り組んでいくこととなるのです。

主な治療方法としては、一般的に自律訓練法などによるセルフコントロールや精神安定剤、自律神経失調製剤やホルモン剤などの投与による薬物療法、

カウンセリングなどによる心理療法、理学療法と言われる指圧やマッサージや整体に鍼や灸にストレッチなど、音楽療法やアロマテラピーなどの五感に働きかける治療法などがあります。

これ以外に自分自身でライフスタイルを見直したり食生活の中でも自律神経失調症に良い影響を与えると思われるようなものを主体として摂り入れるといったことを行うこととなります。

細かいことを気にするとか何事にも完ぺきを求めるといった性格的な部分を改善しなくてはいけない場合もあるので簡単には治療は終わらないのが現状です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします