EPA・DHA!血液の凝固を抑えるはたらきがあり血栓を予防します♪ | Quality Of Life

EPA・DHA!血液の凝固を抑えるはたらきがあり血栓を予防します♪

スポンサーリンク
EPA・DHA!血液の凝固を抑えるはたらきがあり血栓を予防します♪

DHAは魚に多く含まれる脳の機能を高める成分。脳の神経組織の発育や機能維持に重要な役割を果たしています。

 

最近の老化に伴う学習能力の低下、視力の低下にも効果があるものと見られています。

 

EPAは血液が固まって血栓ができるのを予防し、血液の流れをスムーズにします。

 

血液中の悪玉コレステロールを低下させる効果も。

 

EPA・DHA

EPA・DHAとは?

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタン酸と呼ばれどちらも青魚の脂肪に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。

DHAは体内では脳細胞や網膜などに含まれますが、DHA・EPAとも人体内では生成されにくく、また酸化しやすい成分です。

DHAは魚に多く含まれる脳の機能を高める成分。脳の神経組織の発育や機能維持に重要な役割を果たしています。

DHAが不足すると学習能力や記憶能力に影響を与え、最近の老化に伴う学習能力の低下、視力の低下にも効果があるものと見られています。

EPAは高脂肪食なのに血栓症疾患の少ないイヌイットの生活から注目されました。魚やアザラシなど脂肪分にに多く含まれる成分です。

EPAは血液が固まって血栓ができるのを予防し、血液の流れをスムーズにします。

また、血液中の悪玉コレステロールを低下させ、生活習慣病の予防改善に効果があります。

スポンサーリンク

EPA・DHAの健康効果

 

EPAやDHAは、コレステロールや中性脂肪を減少させ血管壁への付着を抑制するので血液の流れを良くします。

 

DHAを多く摂ると赤血球のリン脂質にDHAが増加して酸化され易くなるため、酸化防止のためビタミンEも併せて摂取することが望ましいとされています。

 

EPAは、血液の凝固を抑えるはたらきがあり血栓を予防するので、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、高血圧、脳出血などに有効だといわれています。

 

DHAは体内の眼や脳の灰白質に多く含まれることから、乳幼児の脳や神経の発達、さらに老化に伴う記憶力の低下や、視力低下にも効果があるといわれています。

 

DHAやEPAには脂肪細胞を減らす効果(形成を抑えたり、脂肪燃焼作用)があることがわかっています。

 

特に内臓脂肪を減らす働きによって、「内面からのダイエット」に効果的といわれています。

 

DHAやEPAをたくさん摂って、さらに運動や食事制限も並行していけば、効率的なダイエットが!そして、あなたの望みのボディシェイプが手に入ることでしょう。

 

また、DHAは胎児にもお母さんから受け渡されるため将来、肥満になりにくく知能指数が高い子供を産むためにも、DHAやEPAを日ごろから積極的に摂っておきましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします