トイレのしつけ | Quality Of Life

トイレのしつけ

スポンサーリンク
トイレのしつけ

あなたは、犬を飼っていますか?犬を飼っていたらかわいくて、さみしいときにも一緒にいてくれますからいいなと思います。

だから、今犬を飼っていない人もいつか機会があったら、かわいい犬を飼ってみたいなと思うかもしれません。

しかし、犬を飼って毎日楽しく生活をしていこうと思うのならば、正しいしつけをしていくことは欠かせなくなっています。

初めて犬を飼う時には、初めから犬は自分の思うようになると考えてしまうものですが、犬もしっかりとしたしつけを始めていかなかったら、様々なトラブルを起こしてしまうのです。

それは、犬も生き物ですから仕方がないです。犬も1つだけではなくて、様々なしつけが必要になってきます。

飼いはじめたら、初めのうちはかなり苦労をするかもしれません。そんな犬のしつけの中には、トイレのしつけがあります。

トイレのしつけは、最も重要なしつけです。もしも、トイレのしつけができなかったら、犬は好きなところにおしっこをしてしまうでしょう。

また、トイレが上手にできなかったら、悪臭になってしまいます。

家中で犬がおしっこやウンチをしてしまったら、あなたの大切なインテリアや荷物も犬のおしっこやウンチの被害にあってしまいます。

このように、まずは最も重要なしつけがトイレのしつけなのです。しかし、犬が上手にトイレをできるようになっていくのは、そんなには簡単ではないです。

だから、かなり根気のいる大変なしつけになるのを心得ていたらいいでしょう。

スポンサーリンク

トイレのしつけ方

トイレのしつけは、犬と暮らしていく上でとても重要なことです。

特に室内犬の場合は、トイレのしつけを行わないと大変なことになりますから、きちんとトイレのしつけをしましょう。

一般的に、犬は決まった場所でトイレをします。そのため、犬がトイレをよくする場所にトイレを用意をすると、しつけが簡単になります。

違う場所をトイレにする場合も、しっかりとトイレの場所を教えれば覚えてくれます。トイレを教える際は、犬の行動を観察することが大切です。

観察すると、犬がトイレに行きたいかどうかがわかるようになります。

しゃがみこんだり、同じ場所の臭いを何度も嗅いだり、同じところを回り続けたりなどの行動は、

トイレに行きたいときにする行動ですから、こうした行動をはじめたら、犬をトイレに連れていきましょう。

そして、トイレで排泄したときには、褒めてあげてください。褒められた犬は、次も褒めてほしくて、決められたトイレで排泄をするようになります。

トイレの場所を教える際に気をつけることは、犬がトイレに失敗しても怒らないことです。

トイレに失敗したときに怒ってしまうと、犬がトイレをすることは悪いことだと思ってしまうことがあります。

これでは、トイレのしつけが上手くいきませんから、トイレ以外の場所でトイレをしても怒らないようにしましょう。

トイレに失敗した場合は、臭いが残っていると、犬はそこがトイレだと勘違いして、何度も同じ失敗を繰り返してしまいますから、臭いが残らないように綺麗に掃除をしてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします