犬の褒め方 , 犬の怒り方 | Quality Of Life

犬の褒め方 , 犬の怒り方

スポンサーリンク
犬の褒め方

犬をしつける際に、気をつけて欲しいことがあります。この気をつけてほしいことが、どのようなことかわかるでしょうか?

しつけの際に気をつけて欲しいことは、怒ることを優先しないようにすることです。

怒ることを優先したしつけは、犬にとって嬉しくないことです。人間も怒られるより、褒められた方が嬉しいものです。これは、犬も同じです。

犬も人間と同じで、怒られるよりも、褒められたいのです。ですから、犬をしつける際には、褒めることを優先するようにしましょう。

それでは、犬を褒めるとは、どのような行為になるのでしょうか?

犬を褒めるということは、犬の喜ぶことをすることです。撫でてあげても良いですし、ご褒美としておやつをあげても良いでしょう。

犬が良いことをしたときには、体を撫でてあげたり、おやつをあげたりして、思いっきり褒めてあげてください。

そして、リーダーも一緒に喜びましょう。犬を褒めてあげたり、リーダーも一緒に喜ぶことで、犬は何度も同じことをしようとします。

怒るよりも、褒めることの方が犬には効果があるのです。

犬を褒めることは、しつけをしやすくするために大切なことです。積極的に犬を褒めて、犬を喜ばせましょう。

犬にどのようなことをしたら、飼い主であるリーダーが喜ぶのか教えてあげてください。ただし、おやつの与えすぎには注意する必要があります。

スポンサーリンク

犬の怒り方

犬のしつけで優先して欲しいことは、犬を褒めることです。犬は褒めることで、褒められたことを何度もしたくなります。

しかし、犬は褒めたくなるような行動ばかりするわけではありません。ときには、叱らなければならないような行動をすることもあります。

このようなときには、犬を怒る必要があります。ですが、犬を怒る際には、ただ怒ればいいというわけではありません。

怒り方を間違えると、犬は何度も同じことをしてしまいます。まず、大切なことは、犬が失敗をした際に騒がないことです。

人間が騒ぐと、犬は「これをすると、相手にしてもらえる」と考えて、相手にして欲しいときに同じ行動をすることがあります。

犬によっては、人間が騒いだ様子を見て、褒められていると考えてしまうこともあります。これでは、怒った意味がありません。

犬を怒る際には、まず、落ち着くことが大切です。必ず、落ち着いて、叱ってください。声は、低い方が効果があります。

そして、いつも同じ言葉を使って怒るようにしましょう。

怒るときの言葉を「ダメ」と決めた場合は、家族全員が犬を怒る際に「ダメ」という言葉を使ってください。

犬を怒る際に、叩いたり、蹴ったりしないようにすることも重要です。叩いたり、蹴ったりする人間を、犬は信頼してくれません。

時間はかかりますが、何度も繰り返せば、犬はしてはいけない行為を覚えてくれますから、叩いたり、蹴ったりすることで犬をしつけるようなことがないようにしてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします