葉酸とは , 葉酸の効果 | Quality Of Life

葉酸とは , 葉酸の効果

スポンサーリンク
葉酸とは

葉酸とはなんだか聞きなれない言葉なのですがビタミンB群の一種で、妊娠中に不足すると赤ちゃんに危険になるとも言われている影響力の強い栄養です。

葉酸という栄養素

葉酸はビタミンMという栄養素なんだそうですが、ビタミンMなんて聞いたことなくて胡散臭くて笑っちゃうんですが注目の栄養素です。

水溶性なので水に溶けやすいビタミンなのですが、ほうれん草から発見されたので、葉酸というへんてこな名前が付いているのだとか?

名前の割にはDNAを合成するのに必須のビタミンなので、妊娠直前や妊娠初期に葉酸が効果的だといわれているんだそうですよ。

葉酸不足は厚生労働省も警告

葉酸を取れと厚生労働省が警告しているにもかかわらず、妊婦の90%が葉酸不足という危険な状態にあるんだそうです。

葉酸なんて取らなくても別に死にはしないだろうと思うのですが、胎児の発育不良や先天性異常を低下させる効果が葉酸にあるんです。

産婦人科にも葉酸サプリメントのパンフレットがあるんですが、これだけ妊婦さんが、葉酸不足になっているってことは、パンフレットの置く位置が悪いのかパンフレットが色あせて読めないんでしょうかね。

とにもかくにも妊婦さんには最重要な栄養素なわけで、特に妊娠前や妊娠初期には葉酸不足に要注意です。

スポンサーリンク

葉酸 効果

葉酸の効果と働き

葉酸は細胞の合成や血液を増やす働きがあるとされています。

血液を増やす効果

ビタミンB12が血液を増やす働きがあるのは有名なのですが、ひそかにすごい造血効果があるのは同じビタミンB群である葉酸なのです。

たんぱく質と核酸の合成効果

核酸やたんぱく質を合成してくれて細胞分裂を助ける効果があるのが葉酸です。胎児が恐るべき速度で成長している妊娠中や授乳期には頼りになる栄養素なのです。

先天性異常のリスク減少効果

厚生労働省が葉酸をすすめている理由はほぼこれに尽きると思うのですが、葉酸には赤ちゃんの先天性異常のリスク低減効果があります。

日本でこそそこまで騒がれていはいないのですが先天性異常の赤ちゃんは増えてきています。

和食中心だった古きよき時代は過ぎ去って、ハンバーガーやスナック菓子が前進陳列されている今日この頃では、葉酸をとることは非常に難しくなってきているからです。

先天性異常になってしまってからでは後悔しても後の祭りですから、できることはやっておきたいところですよね。

動脈硬化にも効果あり?

葉酸は地味な名前とは裏腹に難病の数々を治療できる効果がある可能性を秘めています。

人間の体が血液と細胞でできているので、それらにいい効果を与えてくれるのが葉酸ですから、いろいろな病気に効果があっても不思議ではないかもしれませんが。

乳がんや動脈硬化、はたまた認知症にまで、葉酸の効果が期待されて研究されているそうです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします