田七人参の主な構成成分ー三七ケトン , フラボノイド | Quality Of Life

田七人参の主な構成成分ー三七ケトン , フラボノイド

スポンサーリンク
三七ケトンの優れた働き

田七人参と言えば、「サポニン」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?実は、田七人参には他はない、とっても優れた成分があります。

それが、「三七ケトン」です。報告によると、三七ケトンには冠状動脈疾患を改善し、さらに血中コレステロール値を低下させる働きがあるということなのです。

つまり、三七ケトンが、心臓の筋肉に血液を送り込む冠状動脈を広げてくれるおかげで、血液量が増えていく・・・というのです。

そうなると、心臓にかかる負担も軽減されるため、心臓に不安がある方によいと言えます。冠動脈に作用する田七人参」もご参照ください。

冠状動脈の動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞の原因ともなります。

なぜなら、冠状動脈が狭くなって、心臓に血液が十分に運ばれなくなり、それが原因でこうした恐ろしい狭心症・心筋梗塞などを招いてしまうからです。

三七ケトンには、硬くなり弾力を失ってしまった血管、狭くなってしまった血管を広げて血液が十分に送り出されるようにする作用があります。

ですから、巡り巡って、心筋症などの予防にも効果を発揮するのです。田七人参の特筆すべき優れた成分三七ケトン。

ほかの成分とも相まって、私たちの体をよい方向に導いてくれる奇跡のサプリメントです。

年齢とともに、体の心配な点が増えていくのは仕方のないことですが、そんな時に、ゆいいつ頼れるのが私にとっては白井田七でした。

様々な不調がいつのまにか良くなっていく・・・というより、不調に気付かなくなる。という感じがしています。ぜひ、あなたも元気な毎日を、白井田七で手に入れてくださいね!

スポンサーリンク

フラボノイド

フラボノイドという成分を知っていますか?

最近は、フラボノイドを含むサプリメントも多く出ているので、1度は見たり聞いたりしたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

このフラボノイドは、どのような成分なのでしょうか?フラボノイドは、一定の化学構造を持つ成分の総称です。

と言っても何なのかよく分りませんよね。

フラボノイドは、植物が害虫などから身を守るために生成している物質で、色素成分や苦味成分のもとになるものです。

そして、その構造の違いによって、ヘスペリジン類、カテキン類、アントシアニン類、イソフラボン類、ケルセチン類、などに分類されています。

これらは、どれもよく耳にする名前の成分ではないかと思います。これらの成分は、全てフラボノイドの一種になるのです。

カテキンは緑茶、イソフラボンは大豆、アントシアニンがブルーベリー、ケルセチンはりんごやたまねぎ、などの食品から摂ることができます。

そう考えると、普段の生活の中で、フラボノイドはわりと摂れているのではないかと思いませんか?

食事のときに緑茶を飲んだり、食後のデザートにりんごを食べたりしていると、自然に摂れるような気がしますよね。

しかし、フラボノイドは、体にわずかしか吸収されない成分なのです。

フラボノイドには、強い抗酸化作用があると言われているので、摂取をすれば、生活習慣病の予防や血流の改善、更年期障害、アレルギーなどに効果があると言われています。

そして、発癌物質を抑制する効果も期待できると言われているので、癌の予防ができる成分であるとも言われているようです。

また、美肌効果など美容にも効果があると言われているので、女性には嬉しい成分となっているようです。

体にもお肌にも良い効果がある、と思えば摂取したい、と思うのではないでしょうか。

フラボノイドを効率良く摂るために、フラボノイドが配合されたサプリメントを摂るという方法もあります。

美容と健康のため田七人参のサプリメントを摂ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします