小 , 中学生からはじめるバストアップ方法 | Quality Of Life

小 , 中学生からはじめるバストアップ方法

スポンサーリンク

女性は小学校の高学年生くらいから成長期をむかえ、子供の体から大人の女性の体へと成長していきます。身長が伸びていくとともに、胸や腰回り、お尻なども大きく丸みをおびてきます。

女性ホルモン増加による成長ー成長速度というのは一人一人違うので、小学生のうちから胸が大きくなりはじめ中学生になるころには立派なバストに成長する人もいれば小学生のバストのまま中学、高校生活を送っている人もいます。

このようにバストの大きさや大きくなる速度というのは人それぞれなので気にする必要はありません。とは言っても大人の女性も小学生もバストに関する悩みの深刻さは同じなんですよね。

ただ小学生が大人の女性と違うところは、バストアップにとても大切な「女性ホルモン」の分泌がどんどん増え始める時期だということです。

バストの大きさというのは脂肪の多さ(量)でほぼ決まります。バストにある「乳腺」は女性ホルモンの分泌が影響し発達していき、その乳腺を守るために脂肪がついていき、その脂肪によってバストのふくらみや大きさに繋がるのです。

つまりバストを大きくする乳腺を発達させるために成長期の女性ホルモン分泌を高めることは欠かせないのです。

小学生でもできる女性ホルモン分泌を高める方法

そこで大事なのは、バストアップのために小学生でもできる女性ホルモン分泌を高める方法。小学生に最も必要なのは食事による栄養摂取です。

バストアップには豆腐や納豆や豆乳といった大豆製品が効果的と言われています。

大豆には「大豆イソフラボン」といって女性ホルモンとよく似た働きをする成分が含まれており、大豆製品を摂ることで女性ホルモンバランスを整えられるのです。

ですから、これらの大豆製品を毎日の食事で積極的に摂り入れるよう心掛けてみてください。

食事で十分な栄養を取りながら胸部の筋肉トレーニングをする、乳腺を刺激するようなツボを押してみる、マッサージをしてみる。

これらを実践していくことでバストのまわりの血行が良くなり、バストアップした後支えられるような筋肉を鍛えることができます。

スポンサーリンク

即効バストアップ方法〜中学生のバストアップ法〜

中学生の為の即効バストアップ方法とはズバリ!食生活ではないでしょうか?!

子供から女性の体へと変わる中学生の頃は、女性ホルモンの分泌が活発になりバストが大きくなるとても大切な時期です。

今の中学生は大人の女性と変わりない大きなバストの子が多いですが、小学生の頃とほぼ変わらない小さいバストに悩んでいる学生も大勢います。

悩んだあまり豊胸手術を考えている中学生もいるくらいです。

しかし成長速度は人それぞれなので中学生の時に小さいバストでも深く悩む必要は全くありません。

思春期の女性の体というのは女性ホルモンが大量に分泌されます。

ですから、バストアップのために高額なサプリメントを飲んだり豊胸手術などしなくても自然にバストアップするという大切な時期にあるのです。

ただし、注意しなくてはいけないこともあります。

中学生にとって体や精神が成長するこの時期というのはバストアップのためだけでなく、これからの人生すべてとっても、とても大事だということを忘れないでください。

最近の中学生は友達や先生、家族との人間関係や受験勉強で過度のストレスを感じていることが多いようです。

ストレスというのは女性ホルモンの分泌を妨げることがあるとの報告があります。

また、若いころからダイエットのためだと偏った食事をしていると女性ホルモン、成長ホルモンも分泌が減少してしまうことになり、バストアップが望めません。

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品は、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きがあるイソフラボンを豊富に含んでいて、バストアップに効果的な食材といわれています。

他にも、キャベツや鶏肉などにもバストアップに効果があるとされているので、毎日の食事で積極的に摂取することをおすすめします。

それから胸のまわりの筋肉を鍛えるトレーニングも取り入れてみて下さいね。バストが下に下がらないようにしてくれますので。

このように、睡眠時間を十分にとり、きちんとした食事し運動もして、ストレスを溜めこまない生活を送ることこそが、中学生にとって健康的にバストアップする方法だと言えますね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします