自宅で行うことができるホワイトニングの値段とメリット | Quality Of Life

自宅で行うことができるホワイトニングの値段とメリット

スポンサーリンク

ホワイトニングには、2種類あります。自宅で行うタイプと、歯科医院にて行うタイプです。前者はホームホワイトニングと呼ばれ、後者はオフィスホワイトニングです。

その2つの違いの1つは、値段です。ホームホワイトニングの方が、オフィスホワイトニングよりも安価になっているものです。

値段の目安ですが、オフィスホワイトニングは数万円単位から10万円を超えることもあります。前者のホームホワイトニングは、主に2種類あります。

歯科医院にてマウスピースを作成してもらった上で家で薬剤を注入するタイプのものと、歯磨き時に行うホワイトニングです。

前者のマウスピースを用いるホワイトニングの値段の目安は、各歯科医院により様々です。3万円台という事もあれば、4万円台や5万円台など様々なものです。

ホワイトニングを行う歯の本数によっても料金は異なりますが、目安としては2万円から5万円です。その金額の大部分は、マウスピース作成の料金になります。

一旦マウスピースの作成が終了した後は、患者が自力で自宅にて薬剤を注入するホワイトニング治療を行います。

マウスピースは数万円ほど必要ですが、薬剤の費用自体は数千円程度なのです。それと歯磨き時に行うタイプのホワイトニングですが、値段は薬剤次第です。

2,000円程度の薬剤もあれば、6,000円台のものなど様々です。全てのホワイトニングの方法の中では、この歯磨き時に行うタイプが最も安価です。

以上をまとめますと、ホワイトニングにはホームとオフィスの2種類があるわけです。

前者のホームのタイプのホームホワイトニングには2種類あり、歯科医院でマウスピースを作成した場合は2万円から5万円目安です。

そして歯磨き時に行うホームホワイトニングの場合、2,000円から6,000円目安となるわけです。

スポンサーリンク

市販の歯磨き粉でのホワイトニングのメリット

ホワイトニングには、自宅で行うことができるタイプのものがあります。

歯科医院ではホワイトニングの治療を受けることができますが、患者が自力で薬剤を用いるタイプのホームホワイトニングというものもある訳です。

ホームホワイトニングには2種類あります。マウスピースを用いるタイプか、歯磨き粉のタイプです。

この2つは、時間に差があります。前者のタイプは、歯を数十分から2時間程度漬けたままにしておかなければなりません。

それに対して後者のタイプは、歯磨きと同時にホワイトニングができますので手軽です。両者の違いは、時間だけではありません。値段も異なります。

マウスピースを用いるタイプは、約数万円程度かかるケースが多いです。

それに対して後者の市販の歯磨き粉を用いるタイプのホワイトニングは、数千円程度というケースがほとんどです。

後者の歯磨き粉のホワイトニングの方が、マウスピースよりも安価と言えます。

ですので市販の歯磨き粉によるホワイトニングは、マウスピースを用いるタイプよりも手間がかからず料金も安価と言えます。

では市販の歯磨き粉を用いるホワイトニングは、効果は出ているのでしょうか。個人差はありますが、クチコミを見る限り効果は出ているようです。

中には歯磨きをする度に、歯が目に見えて白くなっていくという乾燥を述べている方もいらっしゃるのですが。

どれぐらいの期間で効果が出るのかは、個人差が色々とあるようです。

全体的に市販の歯磨き粉でのホワイトニングを行っている方々は、リピーターが多い状況のようです。

安価で手間がかからない上に効果も出ている訳ですから、市販の歯磨き粉を用いるホワイトニングはメリットは大きいものと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします