あなたはどっち?歯の黄ばみのせいで損をしていませんか? | Quality Of Life

あなたはどっち?歯の黄ばみのせいで損をしていませんか?

スポンサーリンク

白くない歯が与える印象・イメージ

白い歯が与える印象・イメージ

  • 不潔、不衛生、汚らしい、だらしない、老け顔
  • 暗い、陰気、陰湿、ネガティブ、不健康
  • 不誠実、嘘つき、信頼感がない
  • 清潔、きれい、美しい、若々しい
  • 明るい、陽気、魅力的、ポジティブ、健康的
  • 誠実、正直、行動的、信頼できる

「歯」は思っている以上に多くの印象(イメージ)を与えてしまう

“芸能人は歯が命”のワケ

“芸能人は歯が命”というコトワザのようなフレーズがありましたが、これはとても理に適っています。

テレビや雑誌などで活躍する「人気商売」である芸能人やタレントは、何よりも「イメージ」が大切です。

印象が悪くなれば仕事がこなくなるので、「イメージを保つこと」はタレントにとって死活問題と言えるでしょう。

そのため、芸能人やタレントはほぼ例外なくホワイトニングによって歯の白さを保っています。

人の第一印象は3秒〜5秒で決まる!メラビアンの法則

人に出会ったとき、第一印象は3秒〜5秒で決まると言われています。メラビアンの法則というものです。

さらにそのほとんどの情報を「視覚」から得るため、見た目の清潔さというのはとても大事です。

出会いと別れを繰り返す人生の中で、「第一印象の重要性」というのは言うまでもないでしょう。

歯は多くの情報(イメージ=印象)を与える

「歯の色や形」が人に与える印象はとても強いものです。

黄ばんでいたりすると「汚らしいイメージ」を無意識に感じさせ、白くきれいな歯は「清潔なイメージ」を与えます。

せっかくなら「明るく清潔、誠実で正直者」という人当たりの良い印象をあたえたいものですね。

歯の黄ばみ・黒ずみを気にすると笑顔が引きつる

歯の形や色にコンプレックスを感じている人は、笑うときに見えないようにカバーします。

「それでも隠せればいい」という考え方はオススメできません。なぜなら、笑顔が引きつるからです。

人の表情というのは、時には言葉よりも的確に意思を伝えるものです。笑顔が引きつっていたら「愛想笑いされてる」と感じられてしまうことが非常に多いです。

スポンサーリンク

歯を白くする3つの方法の違いと自宅のホワイトニングのメリット

歯を白くする方法は3種類あります。

1種類目は、歯科医院に訪問をして行うホワイトニングです。

2種類目は歯科医院にてマウスピースを作ってもらい、歯を薬剤に浸して行うホワイトニングです。

3種類目は、市販の歯磨き粉などを用いてのものです。

この3つの種類は、主に2つの違いがあります。

1つ目は、値段です。1種類目と2種類目のホワイトニングは、3種類目に比べると価格は割高になってくることが多いです。

1種類目は数万円から数十万円かかることもあり、2種類目は数万円目安で、3種類目は数千円目安です。

したがって3種類目の歯磨き粉を用いるタイプが、最も安価と言えます。

2つ目の違いは、かかる手間です。

1種類目のタイプは歯科医院に訪問するという手間が発生しますし、2種類目のタイプはしばらくの時間は歯を薬剤に浸し続けなければなりません。

3種類目は歯磨き粉を用いるので、歯磨きと同時にホワイトニングができるのです。3種類の中では、最も手間が少ないと言えます。

なお3種類のホワイトニングは、それぞれ一定の効果が出ているようです。

多くの歯科医院はホームページなどで、1種類目のホワイトニングによる歯の白さの変化などをアピールしているものです。

それを見る限り、やはり1種類目は効果が出ているようです。2種類目と3種類目も、多くの方々からの口コミを見る限りは効果が出ています。

中でも3種類目などは、非常に短期間で歯が白くなったという口コミなどもあります。ホワイトニングで一定の効果は見込めるという訳です。

個人的には、やはり3種類目がメリットは大きいと思います。他のものと比べると手間がかからず、費用も安価になっているからです。

しかも実際に多くの方々に対して効果が出ている訳ですからオススメです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします