アメリカ人が「好感を持っている国」 1位カナダ、2位英国、3位日本、4位フランス、5位ドイツ ワーストは北朝鮮イラン | Quality Of Life

アメリカ人が「好感を持っている国」 1位カナダ、2位英国、3位日本、4位フランス、5位ドイツ ワーストは北朝鮮イラン

スポンサーリンク

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の米ギャラップは20日(現地時間)、米国人が最も嫌う国は北朝鮮だとする調査結果を発表した。

 同社は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射(12日)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男 (キム・ジョンナム)氏の殺害事件(13日)が起きる前の今月1日から5日にかけ、米全域の成人1035人を対象に外国への好感度を調査した。

それによると、北朝鮮に「好感を持っている」との回答は11%で、調査対象の21カ国・地域のうちで最低だった。

次いで低かったのはイランで12%。北朝鮮を「好ましくない」とした回答は86%で、イランと並び最も高かった。

米国人の北朝鮮に対する好感度は、2000年から02年にかけては23~31%と今よりも高かった。
02年に当時のブッシュ米大統領が北朝鮮とイラン、イラクをひっくるめて「悪の枢軸」と非難して以降、
好感度が低下したとギャラップは説明している。

一方、今回の調査で「好感を持っている」との回答率が最も高かったのはカナダ(92%)で、
次いで英国(91%)、日本(85%)、フランス(83%)、ドイツ(82%)の順だった。

by:headlines.yahoo

スポンサーリンク

北朝鮮、アメリカ人の中で最も人気のない国に!

好感度の調査の結果

86%が北朝鮮を好ましくないと見ている

イラン、シリア、アフガニスタン、イラクも好感度が低い

カナダ、英国は90%を超えて好かれている

ワシントンDC – アメリカ人は、北朝鮮に対し21カ国中、最も低い格付けを与えている。カナダとイギリスがトップに並んでいます。(ギャラップは毎年、外国人の国民に対しての見解を調査しています)

gallup

北朝鮮の金正日(キム・ジョンウン)の二人の息子の問題、北朝鮮の弾道ミサイルの発射、兄の暗殺事件、が起こる以前に行われたギャラップの世界好感度調査。

北朝鮮がミサイル発射した時に、フロリダでドナルド・トランプ大統領を訪問した安倍晋三首相は、「断じて容認できない」と言い、トランプ氏は米国の継続的な支持を誓った。

好感度調査の結果も、北朝鮮に対する態度は非常に否定的であり、58%は「非常に好ましくない」で、28%は「好ましくない」であり、好意的なのは11%だけである。

アメリカ人は、2000年、2001年、2002年に北朝鮮に対して、23%から31%の好意的な格付けをし、北朝鮮に少しだけ肯定的な見解を示した。

ブッシュ大統領が北朝鮮、イラン、イラクに2002年大統領演説で「悪の枢軸」と表明したことにより、これらの国の評価は下がったとみられる。北朝鮮は2003年以来ずっと、このリストの最下部に位置している。

gallup

イランと北朝鮮にマイナスの評価を下した

今年、評価された21カ国は、アメリカ人が行った格付けに基づいて、非常に好意的、好意的、どちらでもない、好ましくない、非常に好ましくないな5つのグループに分類しました。各国の完全な評価はこの記事の最後にあります。

北朝鮮は、イラン、シリア、アフガニスタン、イラクとともに、非常に好ましくない5カ国のグループの1つです。これらの各国は、20%未満の好意的な格付けと、70%を超える好ましくない格付けとで評価されてます。

エジプト、中国、キューバに対しての米国民からの評価は、それぞれ50%ぐらいは好意的であり、40%は好ましくない評価となっています。

キューバのイメージは、バラク・オバマ大統領が政権の最後の年に、両国との関係を再構築するための努力により上向いてきています。

アメリカ人は、米国と歴史的な関係を築いている、最も近い軍事貿易同盟国のうち、カナダとイギリスの2つの国に対して最も好意的です。

日本、フランス、ドイツも非常に好意的なグループであり、5人中4人以上が好意的と評価しています。トランプ大統領は、最近、これらの国の指導者からホワイトハウスへの訪問を受けて、カナダと日本に対して友好関係を深めました。

米国とインド、イスラエルの両国は、重要な戦略的・経済的パートナーであり、今年は台湾、フィリピン、メキシコと並んで好意的なカテゴリーに入っています。

いずれも64%から71%で好意的に見られています。イスラエルの首相、ベンジャミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)も先週ワシントンを訪れていました。

イスラエルは近年、「好意的」を大幅に高めており、アメリカ人の間から全体的に肯定的な評価を受けています。

メキシコは、メキシコから米国への不法移民の流れを制限し、アメリカの企業が製造現場を縮小することを強制するという、厳しい措置を発表しているにもかかわらず、アメリカ人の間で好意的なポジションを維持しています。


スポンサーリンク

調査方法

このギャラップの世論調査の結果は、2017年2月1日から5日に実施された電話インタビューに基づいており、米国50州すべてとコロンビア特別区に住んでいる18歳以上の大人1,035人のサンプルからランダムに抽出されています。

全国の大人の全サンプルに基づく結果については、サンプリング誤差のマージンは95%であり、信頼水準で±4%ポイントである。すべての報告されたサンプリング誤差のマージンには、重み付けで計算された設計効果が含まれています。

各国の大人のサンプルには、70%の携帯電話の回答者と30%の固定電話の回答者の最小割当量が含まれており、地域内のタイムゾーンによる追加の最小割当量が追加されています。固定電話番号と携帯電話番号は、ランダム桁ダイヤル方式を使用して選択されます。

アメリカ人の外国に対する認識(2016年)

非常に好意的 好意的 好ましくない 非常に好ましくない 意見なし
○非常に好意的  
カナダ 50 42 6 2 1
イギリス 43 48 5 2 2
日本 27 58 10 4 2
フランス 25 58 12 3 2
ドイツ 25 57 12 4 2
○好意的  
インド 15 59 16 5 5
台湾 13 60 16 3 8
イスラエル 29 42 21 6 2
フィリピン 16 55 17 6 6
メキシコ 16 48 24 10 1
○普通  
エジプト 10 42 35 8 5
キューバ 9 42 33 13 3
中国 10 40 35 13 2
●好ましくない  
サウジアラビア 5 26 45 20 4
ロシア 5 23 44 26 2
パレスチナ自治政府 3 21 41 27 7
●非常に好ましくない  
イラク 3 16 49 30 3
アフガニスタン 2 15 49 31 3
シリア 3 14 39 39 4
イラン 2 10 47 39 3
北朝鮮 3 8 28 58 2

おまけ 2015年アメリカ国民の好感度ーギャラップ調査

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします