KANA-BOON(カナブーン)飯田、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかし関係を続けた」ゲスですか? | Quality Of Life

KANA-BOON(カナブーン)飯田、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかし関係を続けた」ゲスですか?

スポンサーリンク

若者中心に人気のロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシストである飯田祐馬(26)が、宗教法人の「幸福の科学」に突然出家した、女優でタレントの清水富美加(22)と過去に不倫関係であったことが明らかになった件について、21日、所属事務所のウェブサイトを通してコメントを出しました。

KANA-BOON(カナブーン)のオフィシャルサイトでは「飯田祐馬の報道につきまして」というタイトルで文章を掲載しました。


平成29年2月21日
関係者各位

KANA-BOON 飯田祐馬の報道につきまして

この度、弊社所属アーティスト KANA-BOON 飯田祐馬の不倫報道で、皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

また、この件に関しまして、KANA-BOON 飯田祐馬より受領した謝罪文がございますので併せてお伝え致します。

———————————————–

一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。

このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。

また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。

私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

2017年2月21日
KANA-BOON 飯田祐馬
———————————————–

2017年2月21日
株式会社ヒップランドミュージックコーポレーション

スポンサーリンク

キノコヘアーでミュージシャンのゲス不倫男、再び…

しかし、バンドをやっているだけで、顔がブサイク寄りであっても、イケメンより数倍モテるようになるんですから、やはり芸能人パワーはすごいですよね。

ベッキーとゲスの川谷の不倫があって、急に怖くなって不倫交際中だった清水富美加と別れ、川谷の対応のまずさが叩かれているのを見て、自己保身のために自主したふりをして謝罪したのでしょうか?

だとすれば、「ゲスイ不倫男」と言われても仕方がない部分がありますよね。

しかも、清水富美加との不倫は「妻との離婚をほのめかしつつ不倫関係を続けた」ということを告白しているので、なおさらゲスイ男ですよね。

清水富美加さんも、かなりハードモードな人生がスタートしてしまっていますね。

→お父さんの会社が倒産

→彼氏だと思っていた人が実は既婚者で自分は不倫相手

→ベッキーと同じ境遇なのに番組の代役になる

→自分の体を狙っていた高橋裕太が性犯罪で逮捕

→フォーゼで共演した富田真由さんが20ケ所刺され重体

→精神的に弱ったところに幸福の科学がす~と入り出家

→「ぺふぺふ病」発症

説明しよう。ぺふぺふ病とは、

独特の擬音語で自分の精神状態を表現したものであり「それは感情に起伏がなく これといった悩みもなく 余裕があるような というといいように聞こえるが ガムシャラな感じがなく やる気が感じられず 生きている感じがしない というと悪いように聞こえるが がんばっていないわけでもなく そして調子に乗っているわけでもなく そう、擬音にしたら ぺふぺふしているような状況の 一種の病」

という病である。何を言ってるのか分らないと思うが、そういうことらしい…。

しかし、ゲスの川谷しかり、カナブーンの飯田しかり、なんでこんなにミュージシャンというのはモテるんでしょうね?

巷のプロにもなっていないような三流バンドマンでさえも、モテモテで、簡単に女性をとっかえひっかえしていますからね。本当に意味不明ですし、正直、悔しいです!

まあ、自分の感情は置いといて、ツイッターとかではカナブーンの飯田さんのファン達に、なぜか清水富美加さんがメチャクチャ叩かれてますね(笑)やはりミュージシャンには強い中毒性があるんですね…。

今回の件、色々と情報が錯綜しゴチャゴチャとしていますが、シンプルに見ると、出家を決意した大きな理由は、

カナブーン飯田さんとの不倫関係の悩み

「幸福の科学」大川隆法総裁の指令

というのが最大の要因なのではないでしょうか。

かなり昔(5年以上前)の給料5万円話や、握手会や水着の仕事の話などを持ち出していたので、出家するのはそんな理由なのかな?と少し怪しいと思っていたんです。

まあ、何しても自分が本当に好きで、真面目に交際していると思っていた相手が、本当は既婚者でしかもそれを隠していた、という結末はかなりキツイですよね。

カナブーン飯田さんからしたら、清水富美加さんは、ややマイナー寄りのタレントだから、ほんの軽い気持ちで遊んだんでしょうけど、まさか宗教絡みの出家騒動で芸能特大ニュースになり、その原因が自分にあったなんて思いもよらなかったでしょうね。

10代~20代の女性なんて、付き合っている彼氏が人生の全てみたいな所があるので、カナブーン飯田さんの過失が9割ということにしておきましょう。

しかし今回のこの騒動、登場人物がそろいもそろって「少しだけ妙な人たち」というのは、一体何なんでしょうかね…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします