無添加の洗顔石鹸とは | Quality Of Life

無添加の洗顔石鹸とは

スポンサーリンク

洗顔石鹸や化粧水などの化粧品に表示されている「無添加」という言葉があります。

近年、無添加の化粧品は非常に増加傾向にあるので、みなさんも一度は見かけたことがあるかもしれませんし、今その無添加の化粧品を使っている人もいるかもしれませんね。

しかし、この「無添加」という言葉、どうして使われているのかはご存じでしょうか?

ここでは無添加の洗顔石鹸についての他、「無添加」という言葉の意味と、どうして使われているのかということについても見ていきたいと思います。

まずは「無添加」という言葉の意味についてですが、その言葉の通り「ある成分が添加されていない」「ある成分が含まれていない」という意味です。

たとえば合成界面活性剤などの成分が含まれていない洗顔石鹸の場合は、「合成界面活性剤無添加」などといった表示がされています。

ですが実際の無添加化粧品には、この例のように「○○の成分が含まれていないから無添加である」ということがはっきりと表示されていない場合が多いのです。

単に「無添加化粧品」とだけ表示してある場合が多く、一体何が含まれていないのかがわからないことがほとんどなので、「無添加」という言葉が使われている意味もあまり知られていないのかも知れませんね。

スポンサーリンク

無添加の洗顔石鹸

というのも、この「無添加」という言葉が使われているのは、2001年まで「表示指定成分」とされていた102種類の成分が添加されていない、ということを表示するためであることが大きな理由だからです。

現在は全成分を表示しなくてはいけないことになっているので「旧表示指定成分」と呼ばれていますが、

アレルギーなどの皮膚への悪影響がある成分と指定された、この102種類の成分が添加されていない化粧品が「無添加化粧品」として販売されているのです。

もちろん、旧表示指定成分以外のアレルギーなどの影響を及ぼす成分が添加されていない場合にも「無添加」という言葉は使われていますから、

無添加化粧品である無添加の洗顔石鹸は、アレルギーを起こす成分が含まれていない洗顔石鹸ということになりますね。

しかし、このような無添加の洗顔石鹸でも、人によってはアレルギーを起こしてしまう場合もあります。

「無添加」であることは安全とされていますが、全ての人に安全であるということは決して言えないのです。

なので無添加の洗顔石鹸に記載されている「無添加」という言葉だけではなく、商品の成分表示をよく確認することが大切となります。

無添加の洗顔石鹸を購入するときには、まず商品の成分表示を確認しましょう。

「これはどんな成分なんだろう?」と少しでも疑問に思った場合には、その成分について調べてみることをおすすめします。

自分自身で使う洗顔石鹸ですから、その洗顔石鹸の成分もよく知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします