洗顔後の正しいケアは? | Quality Of Life

洗顔後の正しいケアは?

スポンサーリンク

洗顔後は、肌が乾燥しないうちに化粧水や乳液で肌を保護しましょう。

化粧水は洗顔で奪われた肌の水分を補給する役割をしています。

洗顔は私たちが思っている以上に肌の水分を奪っているので、洗顔後はすぐに化粧水で水分を補給してあげましょう。

顔全体にまんべんなく化粧水をつけてください。

化粧水をつけるときは、顔を叩くようにしてつけると良いとよく言われていますが、この方法はあまりおすすめできません。

特に敏感肌の人には向かない化粧水のつけ方です。

敏感肌の人は肌が弱いので、刺激を与えすぎるのは逆効果です。化粧水をつけるときは肌を優しく押さえるようにしてつけましょう。

肌荒れなどで肌が敏感になっている状態のときも、この方法で化粧水をつけることをおすすめします。

スポンサーリンク

乳液のつけ方は肌質によって変わってきます

そして化粧水をつけた後は、油分を補給する役割の乳液をつけます。

化粧水は普通肌から敏感肌の人まで同じようにつけますが、乳液のつけ方は肌質によって少しずつ変わっていきます。

乾燥肌の人は水分の補給の他に油分の補給も大切となりますので、乳液もしっかりつけてください。

乳液をつけてもまだ乾燥が気になる場合には、併せてクリームを使うとよりしっとりとした仕上がりになりますよ。

しかし、脂性肌の人がこの方法で乳液をつけてしまうと油分が多すぎて肌がベタついてしまいます。

なので脂性肌の人が乳液をつけるときは少し肌がしっとりとする程度で大丈夫です。

混合肌の人は少し面倒ですが、乾燥している部分には多く、ベタつく部分には少なめに乳液をつけるようにしましょう。

通常の乳液の場合はこのような少し面倒な方法になってしまいますが、混合肌専用の乳液ならば顔全体にまんべんなくつけてもOKです。

このように洗顔後は化粧水や乳液で肌を保護してください。

敏感肌専用の化粧水や乳液によっては1回につける量がわかりやすいように、ポンプ式になっているものもあります。

化粧水や乳液は1回につける量が多すぎても少なすぎても肌のバランスがとれなくなってしまうので、1回につける量がわかりやすくなっているポンプ式はとてもおすすめです。

正しい方法で洗顔することはもちろんのこと、洗顔後も正しい方法でケアすることで肌はもっともっと元気になっていきますよ。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします