田七人参の肝臓への作用 | Quality Of Life

田七人参の肝臓への作用

スポンサーリンク
血液の汚れを取り、肝臓の機能を向上

田七人参には、血液の機能を正常に戻す作用を持っています。肝臓は、「血の臓器」ともいわれるほど、血液が出たり入ったりしていますので、血液の状態ととても深い関係があります。

肝機能が落ちれば図にあるような正常な代謝が行われなくなってしまいます。

田七人参には、正常な血液の状態がどういうものかが記憶されていて、血液の異常があると、それを改善しようと働き始めます

田七人参によって、正常な血液循環ができれば、肝臓の機能は徐々に改善され、ウィルスやアルコールなどで傷んだ部分を修復してくれるのです。

免疫力を強化する

ウィルスにより、肝臓機能が弱ってしまった場合には、免疫機能を改善してあげれば次第に良くなってきます。

田七人参には、免疫機能を向上させる効果があることが認められているからです。

でも、どの成分が有効なのか、それぞれのどの成分の相乗効果なのかは今のところ分かっていませんが、

一説によると、有機ゲルマニウムという成分が体内のウィルス感染を防ぐ働きをするインターフェロンを刺激するのではないかと考えられています。

これは、ウィルス性の肝炎に田七人参が直接作用するのではなく、免疫機能を強化することによりウィルスを攻撃するということなのです。

ウィルスでおきた肝臓の炎症をやわらげる

これは、田七人参に含まれるサポニンの作用によるものです。田七人参には、10種類以上ものサポニンが存在しており、これが炎症を抑える効果が高のです。

さらに、傷ついてしまった肝臓の炎症を抑え、さらに抗ウィルス効果と消炎症作用の相乗効果により、肝炎の改善に役立っていると考えられているのです。

田七人参の効果は、たくさんの研究や実験により確認されている優れた漢方薬です。確かに薬ではありませんが、肝機能の改善にとても効果のある素材なのです。

スポンサーリンク

肝臓をいたわる

何となく体がだるい、朝すっきり起きることができない、日中も眠気がくる、常に頭が重い感じがする。

このような症状は、体の疲れからきているのだろうと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、このような症状をしっかり食べて、ゆっくり眠れば解消するだろう、と簡単に考えていると、後で大変なことになることもあるのです。

これらの症状は、単に疲れからきているのではなく、肝臓に負担がかかっていることが原因で起こっている、ということもあるのです。

肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれています。肝臓は、とても強い臓器なので、ダメージを抱えても、それはすぐに体に現れません。

そして、ダメージがどんどん蓄積され、気付いた時にはもう遅いということもあるのです。

肝臓に負担がかかる原因として、食べすぎ、飲みすぎ、睡眠不足、そして意外なところで激しい運動などが挙げられています。

運動や重労働などで体を酷使すると疲れてしまいますよね。それと同じで、肝臓も酷使すると疲れてしまうのです。

食べ過ぎると肝臓は過剰に摂られた栄養を処理しようとして、通常よりも多く働きます。同じように飲みすぎると、アルコールを分解するために、肝臓は酷使されるのです。

外食や飲み会が多い人、ストレスなどで十分な睡眠をとることができない人、そして激しい運動を続けている人は、特に注意が必要です。

肝機能に異常を抱えている人は、年々増えているのだそうです。肝臓の機能を正常に保つためには、生活習慣や食生活を見直すことが重要です。

しかし、仕事の付き合いでどうしても飲みに行くことが多い人などは、そう簡単に生活習慣や食生活を見直すことができませんよね。

そのような人は、田七人参サプリメントを摂ってみてはいかがでしょうか。

田七人参は、肝臓の炎症や肝機能障害に効果がある、ということで注目を集めているサプリメントです。

また、飲みすぎによる肝機能障害や、ウイルス性肝炎にも効果があると言われています。田七人参で肝臓をサポートしていきましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします