大人ニキビはホルモンの崩れ | Quality Of Life

大人ニキビはホルモンの崩れ

スポンサーリンク

大人ニキビが出来る要因に男性ホルモンがあります。

人間の身体には男女問わず、男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。

この2つのホルモンのバランスが崩れると、さまざまな影響を及ぼします。

大人ニキビの場合、皮脂分泌を促す働きのある男性ホルモンが活発になると皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まる事によって炎症を起こし、アクネ菌などの細菌が繁殖して起こります。

大人ニキビの出来る場所は、皮脂腺が多い部分、そして、男性ホルモンに影響している場所、男性の毛が多く生える箇所に、大人ニキビは出来やすいと言われています。

男性ホルモンが活発になる理由には、ストレス・不規則な生活・睡眠不足などがあり、それらの原因を改善することが大人ニキビの対策となるでしょう。

また、女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンバランスの崩れによっても、大人ニキビは出来やすくなるんですよね。

これは生理周期が大きく関係しています。

例えば生理の前にポツンとニキビができることが多いのは、皮脂分泌を促す働きのある黄体ホルモンが優位になるからなんです。

このホルモンバランスの乱れが原因の場合、皮膚科で女性ホルモン剤を処方されるとよいですよ。

ホルモン剤に抵抗がある方は、漢方薬などでサイクルを整えるのも効果的です。

スポンサーリンク

大人ニキビは生活習慣が影響

大人ニキビは、生活習慣が大きく影響しています。

大人ニキビは、一般的に思春期頃に出来るニキビの原因の成長ホルモンが影響しているのではなく、男性ホルモンが強く影響しています。

女性ホルモンとのバランスが崩れた事により、ニキビが出来てしまうとのが 大人ニキビです。

大人ニキビが出来る原因、ホルモンバランスの崩れは、バランスの悪い食事や、不規則な生活、運動不足などによって起こります。

特に睡眠不足、睡眠の質が悪いと、新陳代謝の低下を招くなど、大人ニキビを助長させる要因となります。

仕事で忙しい女性が急に大人ニキビに悩まされるのは、この影響ではないかと考えられているそうです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします