更年期障害の改善でホルモン補充治療を行う際に注意すること | Quality Of Life

更年期障害の改善でホルモン補充治療を行う際に注意すること

スポンサーリンク

更年期障害の治療にはそのその症状に合わせて様々な薬が使われる様々な薬が使われることになります。

更年期障害の原因は加齢によって女性ホルモンが急激に減少することです。

多くの薬の中でも更年期障害のあらゆる症状に効果があると考えられるのが、このホルモンの急激な減少を抑える為にホルモンを外部から体内に入れるという方法なのです。

この更年期障害のホルモン補充治療は確かに効果があることがわかっています。

しかし体内にホルモンを補充することによる副作用も見逃してはいけない部分ではないでしょうか。

一部ではこのホルモン補充の治療を行うことでがんの発生率が上がったり、脳卒中のリスクを高めるとの意見も存在します。

いくら更年期障害が和らぐといってもその結果体に重大な問題が生じるようであればそれは決してよい選択とは言えません。

他にも女性ホルモンを体内に取り入れることでホルモンによって成長する子宮筋腫はこのホルモンの補充治療を行えば大きくなってしまうこともあります。

しかし、これらは誰でもに必ず起こるという副作用ではありません。


スポンサーリンク

また、子宮がんになることを避けるために複数のホルモンを投与するといったような対応策も出てきています。

更年期障害をホルモン補充で治療したことで乳がんのリスクが高まるということも言われています。

もしもホルモン補充によって更年期障害の症状を軽減しようとするのであれば、

その分、様々な他の疾病を併発しないように検査など、自分の状態の把握を行っておくことが望ましいと言えます。

また、このホルモン補充の治療は長期間継続して行っているとそのリスクは高まるということがわかっています。

当然、短期間でも何らかの重大な副作用が生じることもありますので、定期的な検診は必要なことには間違いありませんが、

治療の期間が長いのであれば特に注意し、治療の期間が短いのであればそこまで深刻に副作用について心配する必要もありません。

個人差はありますが概ね4年を目処に治療を一旦は止めることが良いと言われています。

このほかにも仮に閉経していたとしても子宮から出血が生じることもあります。

女性ホルモンを投与する治療ですので理由までは解説する必要はないでしょうか、ホルモンの投与によって子宮が反応し出血が生じるということになります。

いずれにせよ、ホルモン補充の治療中に体に異変を感じるようであれば、迷わず主治医にその症状を相談することが、何よりも安心できる方法と言う事ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします