禁煙体験談 岐阜県 男性 32歳 | Quality Of Life

禁煙体験談 岐阜県 男性 32歳

スポンサーリンク

この間愛車をかなり酷くぶつけてしまいまして、修理しても良いかなとは思ったんですが、この際新車に乗り換えようと思い立ちました。

車屋でいろいろ見ると、最近の車は吸殻入れは飾りだし、シガレットソケットも携帯充電のため。レンタカーも禁煙車しか借りる事は出来ませんでした。

会社では喫煙スペースが無くなって資材倉庫の片隅に追いやられているし、電車などの公共機関では終日禁煙ですし。

愛煙家の自由は無いのかと怒りも感じたのですが、時代の流れなんでしょうね、私も一念発起して車を買い替えると同時に禁煙にチャレンジする事にしました。

いろいろな禁煙グッズがありますが、こっそり禁煙して会社の同僚の鼻を開かせたいと思いまして、禁煙グッズの中でも禁煙パッチを選びました。

このパッチは朝貼って就寝前に剥がせば良いと言う手軽さももちろんですが、商品の説明で何だか効きそうだと言う予感もあったのでこれにしたんです。

この禁煙パッチを貼って居ると暖かいというか痒いというか、そんな感じがしまして、本当に煙草を吸いたくなるイライラが緩和されました。

ずっと例の資材倉庫の喫煙所に私が現れないのを不信に思って、煙草仲間が私の部署までわざわざ訪ねてきました。

何でも、体調を壊して会社を休んでいるんじゃないかと思った様です。まんまと皆の鼻を開かせた訳です!体調は悪いどころか以前よりずっと良いんです。

今禁煙開始から大体一月経ちましたが、新しく煙草は買っていません。

スポンサーリンク

禁煙体験談 岡山県 男性 52歳

私の従兄弟が先日肺がんの再発で亡くなりました。年齢も近く家族構成も似通っており、お互いの家族ぐるみで旅行に行く程の親しさでした。

その葬儀の後に従兄弟の嫁から聞いた話では、肺がんの手術の時に摘出した肺の組織は真っ黒で本当に気味の悪いものだったそうです。

そして、やはり肺がんの一番の原因は、従兄弟がずっとヘビースモーカーだったからだとお医者さんに説明されたようで・・・。

「お兄さんも悪い事は言わないから、今からでも禁煙した方が良い」と、私と私の妻に涙ながらに訴えたのでした。

今まで何回も禁煙しようと思い立っては断念するの繰り返しだった私も、いよいよ覚悟を決める時が来たようで、喫煙歴30年以上の歴史に終止符を打つべく頑張りました。

私もかなりのヘビースモーカーでして口寂しさが一番気になったので、ニコチンガムを噛んで紛らわしました。

それからどうしても煙草が吸いたくなったら、電子タバコを吸うと言う風にして、長年のニコチン依存から抜け出すべく手を尽くすこと数週間。

そうこうしている内に電子タバコの本数も減り、時々ガムを噛めば良い程度まで落ち着きました。

食事の後と、寝起きの一本を楽しみに今まで過してきたので、それを無くすのが一番苦しかったですが、吸わない事を習慣にしてしまえば案外楽に禁煙できるんだと実感しています。

私の妻も子供達も自分の事の様に喜んでくれています。天国の従兄弟の分も私は長生きせねば!

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします