初心者にも分かる!オプション取引の基本情報 | Quality Of Life

初心者にも分かる!オプション取引の基本情報

スポンサーリンク

通貨オプションの取引ができる業者というのは、ほとんどありませんから、先物取引などでオプション取引を経験した人でもなければ、オプション取引の知識を持っている人はあまりいないはずです。

まったく知識のない人向けに、オプション取引がどういったものなのかちょっと紹介してみますね。

オプション取引は基本的に4人のプレーヤーで構成させる取引き方法です。オプションとは権利のことで、この権利は買う権利、売る権利に分かれます。

そして、買う権利を買う人と売る人、売る権利を買う人と売る人、この4つの選択肢で構成されています。

為替の場合は為替が目的物となる通貨オプションが行われています。

最も基本的なオプション取引は、リスクヘッジとして行われます。例えばロングポジションを持つ場合、レートが下がれば損失が出ます。

そこで、売る権利を買っておくのです。実際にレートが下がればオプション取引で利益を上げられます。


スポンサーリンク

一方レートが上がった場合には、予め決められたオプション料が最大損失額となり、利益が限定されます。

オプション権利を取得するには、オプション料を支払わなければなりません。

オプションを買う場合、オプション料は、オプション取引における最大損失額となります。損失を限定できるのでリスクヘッジとしても使われれるのです。

もちろん、リスクヘッジとしてではなく、積極的に利益を得るためにオプション取引を行う場合もありますが、オプション取引は、日本のFXではあまり一般的ではありません。

オプション取引の種類は数多く、今後も多くの取引き方法が増えていくはずです。

オプション取引は組み合わせやルールが多種多様ですので、かなりの知識が必要な取引です。本格的にオプション取引を学びたい場合には、1から学ぶ必要があります。

でしかも日本のFXで出来るオプション取引は数が少なく、本格的に為替オプションを行う場合には海外口座のオプション取引を使うしかありません。

全くオプション取引きの知識がなければ、日本でも比較的簡単に出来る先物オプションで、オプション取引の基本を学ぶこともできます。

ここまで読んで、はっきり言って、面倒そうだからオプション取引はどうでもいいと考えた人、いるはずですね。

ですが、FXを行う場合にも、為替オプションのちょっとした知識はあったほうが有利です。為替オプションの取引きは、レート変動に影響力があるからです。

オプション取引について詳しく知る必要はありませんが、基本的なことは知っておいても損はありません。

オプション取引が相場に影響を与える、これだけは基礎知識として、覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします