男性型脱毛の対策に頭皮を柔らかくする工夫を | Quality Of Life

男性型脱毛の対策に頭皮を柔らかくする工夫を

スポンサーリンク

毛乳頭にはきわめて細い血管が複数複雑に入り込み、それらを通して必要な栄養素が頭皮に運ばれて来ることで、発毛に必要な栄養が供給され、毛母細胞が分裂、発毛します。

頭皮が固くなり、毛細血管がつぶれてスムーズに血液がな行き届かなくなることがハゲの大きな原因です。

頭皮の血行障害の原因には、頭皮の炎症をはじめ、ストレスなど自律神経が緊張して血管が収縮するという心因性のものやコレステロールによるもの、皮膚や血管の老化などがあげられます。

この頭皮の血行不良に関することとして、驚くべき報告が寄せられています。それは男性の頭蓋骨の発育とハゲに関する関係です。男性で頭部が大きい家系(遺伝)の人はハゲになりやすいらしいのです。

男性の頭長(前頭部から後頭部までのもっとも長い径、つまり最長径)は30歳を過ぎても伸び、頭蓋骨が発達しつづけ、40歳でピークになるといわれます。

これは成年女性には見られない男性特有のものです。

しかしながら、頭皮の皮膚の発育は22歳〜23歳で止まり、頭蓋骨だけが伸びると発育、皮膚は常に引っ張られた状態となり、頭皮が固くなってしまうのです。

そのため、毛細血管は伸びた皮膚の圧力で圧迫され、血管がつぶれやすく、血行が悪くなるのです。

結果として毛髪への栄養補給が困難になり、男性型脱毛を引きおこすというのです。

米国ハワード大学の解剖学者シャートン・ヤング博士の実験では、猿の頭皮を人為的に引っ張ってみると、引っ張られた頭皮部分の毛髪は脱毛症状が見られたとのこと。

またそれを元に戻すと発毛したというのです。

数ある育毛剤、育毛サプリから頭皮に照射する赤外線ランプまで、血行促進を促すものが主流となっているのは理にかなっていることだと言えます。

1日のうち入浴時などは良く頭皮をマッサージする習慣をつけるのも発毛促進には大切なことだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

帽子の蒸れた汗はしっかり流して薄毛対策を

帽子と薄毛の関係は少なからずあるといえます。ヘルメットも同様です。原因は簡単です。長時間や長期間かぶり続けると、どうしても頭皮が蒸れた状態になります。

昔の人は帽子や手ぬぐいを被っても暑ければ脱げるという環境にあったため、それほど影響はなかったのですが、

現代では帽子やヘルメットを仕事中は長時間被らなければならないという状況となっています。

特に作業の現場などは過酷な環境が多いうえ、脱ぐに脱げないといった状況が発生するため、頭皮が蒸れた状態が続いてしまいます。

そのため、雑菌が繁殖して不衛生な状態になることがあります。雑菌が繁殖すると毛根に悪い影響を与えるだけでなく、頭皮が異常化して髪が痩せてしまいます。

しかし被らなければならない状況にあるということはつらいことです。

シャンプーは実は頭皮に必要な皮脂をいくらか流してしまうため、頻繁に行うべきではありませんが、

頭皮の殺菌という意味では長時間帽子やヘルメットを着用した後ではしっかりと頭皮を洗った方がよいでしょう。

ただしあまり皮脂を取り過ぎない、適度に潤いを残すシャンプーを使いましょう。育毛剤は植物性の殺菌成分が入ったものが多いので、シャンプーの後に着けると効果的です。

また、日差しの強い夏場は帽子をかぶらざる得ないという状況になります。これは頭皮にも有効なことです。

夏場の強い紫外線が直接長時間当たることは頭皮と毛根を傷める原因になるからです。できればなるべく群れない、通気性の良い帽子をかぶりましょう。

夏場特に汗をかいたまま放置しないようにしましょう。ますます蒸れて雑菌の住みやすい環境に頭皮がなってしまうからです。

汗をかいたらタオルでしっかり頭の汗を拭う、休憩中に頭を換気する。汗をかいた後は、シャワーなどで汗を流し、雑菌が繁殖しない環境を作りましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします